全国瞬時警報システム(J-ALERT)

現在、全国で「全国瞬時警報システム(J-ALERT)」の整備が進められています。

これは、大規模な地震や他国からの武力攻撃など、対処に時間的余裕のない緊急事態が発生した場合、そうした情報を国が人工衛星を通じて市区町村に送信し、市区町村の防災行政無線(広報塔)を自動的に起動させることにより、住民の皆様などに瞬時に伝達するシステムです。

市では、既にこのシステムの整備が完了(平成19年2月)しており、緊急情報を受信した場合、防災行政無線(広報塔)から警報が放送されます。

情報伝達の流れ

緊急事態が発生し、住民の皆様などに緊急情報が伝達されるまでの流れは次のとおりです。

  1. 気象庁や内閣官房が緊急事態を把握し、消防庁に伝達する。
  2. 消防庁は人工衛星を通じて、緊急情報を市区町村に送信する。
  3. 緊急情報を受信した市区町村の防災行政無線(広報塔)が自動起動する。
  4. 住民の皆様などに対し、防災行政無線(広報塔)から警報が放送される。

警報の種別

このシステムで防災行政無線(広報塔)から放送される警報の種別は次のとおりです。

  • 緊急地震速報(震度5弱以上の揺れが想定される場合)
  • 震度速報(震度5弱以上の揺れがあった場合)
  • 弾道ミサイル情報
  • 航空攻撃情報
  • ゲリラ・特殊部隊攻撃情報
  • 大規模テロ情報

警報の放送内容

このシステムで防災行政無線(広報塔)から放送される警報の内容は次表のとおりです。

警報の放送内容
種別 放送内容
緊急地震速報 (震度5弱以上の揺れが想定される場合) 「警報音(NHK報知音)」と「大地震(おおじしん)です。大地震です。」というメッセージが3回繰り返された後、「こちらはぼうさいひだかです。」と「チャイム」が流れます。
震度速報 (震度5弱以上の揺れがあった場合) 「チャイム」が流れ、「こちらはぼうさいひだかです。」と「震度○の地震が発生しました。火の始末をしてください。テレビ・ラジオをつけ、落ち着いて行動してください。」というメッセージが3回繰り返された後、「こちらはぼうさいひだかです。」と「チャイム」が流れます。
弾道ミサイル情報 「国民保護サイレン」と「ミサイル発射情報。ミサイル発射情報。当地域に着弾する可能性があります。屋内に避難し、テレビ・ラジオをつけてください。」というメッセージが3回繰り返された後、「こちらはぼうさいひだかです。」と「チャイム」が流れます。
航空攻撃情報 「国民保護サイレン」と「航空攻撃情報。航空攻撃情報。当地域に航空攻撃の可能性があります。屋内に避難し、テレビ・ラジオをつけてください。」というメッセージが3回繰り返された後、「こちらはぼうさいひだかです。」と「チャイム」が流れます。
ゲリラ・特殊部隊攻撃情報 「国民保護サイレン」と「ゲリラ攻撃情報。ゲリラ攻撃情報。当地域にゲリラ攻撃の可能性があります。屋内に避難し、テレビ・ラジオをつけてください。」というメッセージが3回繰り返された後、「こちらはぼうさいひだかです。」と「チャイム」が流れます。
大規模テロ情報 「国民保護サイレン」と「大規模テロ情報。大規模テロ情報。当地域にテロの危険が及ぶ可能性があります。屋内に避難し、テレビ・ラジオをつけてください。」というメッセージが3回繰り返された後、「こちらはぼうさいひだかです。」と「チャイム」が流れます。

注意事項

  • 防災行政無線(広報塔)を自動的に起動させるシステムのため、有事の際には、深夜など時間帯を問わず、警報が放送されます。
  • 人の手を介さず、コンピュータが制御していますので、誤報が放送される可能性があります。この場合、誤報であることを伝える放送が流れます。
  • 震源が近い地震や直下型地震が発生した場合、緊急地震速報が間に合わないことがあります。

関連リンク集

この記事に関するお問い合わせ先

危機管理課 防災防犯・消防担当 (本庁舎 2階)

郵便番号:350-1292 日高市大字南平沢1020番地
電話:042-989-2111(代表)
ファックス:042-989-2316
お問い合わせフォームへ

更新日:2018年07月10日