自粛生活の中でも自宅で積極的に運動をしましょう

新型コロナウィルス感染症の蔓延防止のためには、人が多く集まる場所を避けることなどが言われており、家に閉じこもりがちになりますが、高齢者にとっては「動かないこと(生活不活発)」による健康への影響が危惧されます。

「生活不活発」により、フレイル(虚弱)が進み、心身や脳の機能が低下していきます。
動かない時間を減らし、自宅でもできるちょっとした運動でフレイルを予防しましょう。

日本老年医学会では、先の見えない自粛生活でのフレイル予防について一般向けにポイントをまとめました。ご覧いただき、フレイルを予防し、抵抗力を下げないようにしましょう。

フレイルとは

フレイルとは「加齢により心身が老い衰えた状態」のことです。
高齢者のフレイルは、早期に対策を行えば元の健常な状態に戻る可能性がありますが、生活の質を落とすだけでなく、さまざまな合併症も引き起こす危険があります。

動かない時間を減らし、自宅でもできる運動で体を守ろう!

  • 座っている時間を減らしましょう! 
  • 筋肉を維持しましょう! 関節も固くならないように気を付けて 
  • 日の当たるところで散歩くらいの運動を心掛けましょう! 
日高市健康ロコモ体操

日高市健康ロコモ体操(日高ちゃんねる!)

しっかり食べて栄養をつけ、バランスの良い食事を!

こんな時こそ、しっかりバランス良く食べましょう! 

(注釈)食事の制限を受けている人はかかりつけ医の指示に従ってください。

 お口を清潔に保ち、しっかり噛んで食べ、毎日おしゃべりを

  • 毎食後、寝る前に歯を磨きましょう! 
  • お口周りの筋肉を保ちましょう。おしゃべりも大切です

家族や友人との支えあいが大切です!

  • 孤独を防ぐ! 近くにいる者同士や電話などを利用した交流を 
  • 買い物や生活の支援、困ったときの支え合いを 

「新型コロナウィルス感染症」高齢者として気をつけたいポイント(リーフレット)

一般社団法人日本老年医学会作成リーフレット(PDFファイル:890.3KB)

この記事に関するお問い合わせ先

長寿いきがい課 高齢者支援担当 (本庁舎 1階)

郵便番号:350-1292 日高市大字南平沢1020番地
電話:042-989-2111(代表)
ファックス:042-989-2316
お問い合わせフォームへ

更新日:2021年03月04日