熱中症に注意して健康に過ごしましょう

「熱中症」は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。

特に、今年は新型コロナウイルス感染症拡大防止のためマスクを着用して外出することが多く、熱がこもりやすい、のどの渇きに気づきにくい等、熱中症の危険性が高くなることが予想されます。

例年以上に熱中症に注意しましょう。

(注釈)市では、市内の暑さ指数(WGPT)が31度を上回ると予想される場合などに、「防災行政無線」や「ひだか知っ得情報アプリ」の通知を活用し、注意を呼びかけています。

暑さ指数とは (環境省熱中症予防情報サイト)

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

これからは、1.身体的距離の確保、2.マスクの着用、3.手洗いの実施、4.密集・密接・密閉をさけるなど、「新しい生活様式」を取り入れた生活を実践することが望まれます。

しかし、マスクを着けると皮膚から熱が逃げにくくなったり、気がつかないうちに脱水になるなど、体温調節がしづらくなってしまいます。

そのため、屋外で人と十分な距離(少なくとも2メートル以上)が確保できる時は熱中症を防ぐためにマスクをはずすようにしましょう。もちろん感染対策は忘れないように注意してください。

 

    

熱中症予防の5つのポイント

1.高齢者は上手にエアコンを使いましょう

高齢者や持病のある人は、暑さで徐々に体力が低下し、室内でも熱中症になることがあります。上手にエアコンを使いましょう。

2.暑くなる日は要注意

急に暑くなる日は、体が暑さに慣れていないため要注意です(特に、梅雨明け等)。

3.水分はこまめに補給

のどが渇いたと感じる前に、こまめに水分を補給しましょう。寝る前にも忘れずに。

4.「おかしい!?」と思ったら病院へ

熱中症は、めまい、頭痛、吐き気、倦怠感などの症状から、ひどいときには意識を失い、命が危険になることもあります。

「おかしい」と思ったら、涼しいところに避難し、医療機関に相談しましょう。

5.周りの人にも気配りを

ご近所で声を掛け合うなど、周りの人の体調にも気を配りましょう。

熱中症が疑われる人を見かけたら

  1. エアコンが効いている室内や風通しのよい日陰など、涼しい場所へ避難させる。
  2. 衣服をゆるめ、体を冷やす(特に、首のまわり、脇の下、足の付け根など)。
  3. 水分を補給する。

自力で水が飲めない、意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

熱中症についての情報

この記事に関するお問い合わせ先

保健相談センター 予防担当(生涯学習センター内)

郵便番号:350-1231 日高市大字鹿山370番地20
電話:042-985-5122
ファックス:042-984-1081
お問い合わせフォームへ

更新日:2020年08月07日