森林法関係

伐採及び伐採後の造林の届出書

森林(保安林または保安施設地区を除く)において立木を伐採する場合には、森林法第10条の8などの規定により、あらかじめ市に伐採届(伐採及び伐採後の造林の届出書)を提出しなければなりません。また、伐採及び伐採後の造林を実施した際は市に報告書(伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書)を提出しなければなりません。

(注釈)除伐(育成しようとする樹木以外の不用木を取り除くこと)の場合は、届出書の必要はありません。

伐採届出書(ワード:50KB)

伐採届出書(記入例)(PDF:61.9KB)

伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書様式(Wordファイル:34.5KB)

 

対象となる森林

県が策定する地域森林計画の対象となっている森林。(保安林または保安施設地区を除く)

(注釈)対象の森林に該当するか分からない場合は、事前に産業振興課までお問い合わせください。

提出の期間

伐採する日(伐採開始日)の90日前から30日前までに伐採届出書を提出しなければなりません。

(森林経営計画に基づく伐採の場合は、伐採後30日以内)

注意事項

保安林を伐採する場合や1ヘクタールを超える開発をする場合は、県への届け出が必要となります。詳細は下記をご覧ください。なお、県へ届け出をした場合は、市への届け出は不要となります。

埼玉県ホームページ

森林の土地の所有者届出書

平成23年4月の森林法改正により、平成24年4月以降、森林の土地の所有者となった人は市町村長への届け出を提出しなければなりません。

森林の土地の所有者届出書(ワード:40.5KB)

添付書類

土地の位置を示す地図、土地の登記事項証明書その他の届け出の原因を証明する書面

届け出の期間

所有者となった日から90日以内

この記事に関するお問い合わせ先

産業振興課 農政担当 (本庁舎 3階)

郵便番号:350-1292 日高市大字南平沢1020番地
電話:042-989-2111(代表)
ファックス:042-989-2316
お問い合わせフォームへ

更新日:2020年11月30日