下水道使用料、農業集落排水施設使用料、コミュニティ・プラント使用料

下水道、農業集落排水施設、コミュニティ・プラントを使い始めた日から、流した汚水の量に応じて使用料がかかります。この使用料は、終末処理場などで汚水を処理する費用や汚水管の清掃、補修など施設の維持管理費用にあてられます。

排除汚水量の算定

  1. 水道水を使用した場合は、水道使用水量とします。
  2. 家庭用の井戸水の使用水量は世帯員(同居人含む)1人につき月5立方メートルとします。排除汚水量=世帯員×5立方メートル
  3. 井戸水と水道水を併用している場合は、井戸水の使用水量は2分の1とします。排除汚水量=水道使用水量+世帯員×5立方メートル×2分の1
  4. 家庭用以外の井戸水の使用水量は、その使用実態を把握して汚水量を認定します。

上記2,3で世帯員数の変更がありましたら下水道課業務担当までご連絡ください。

平成26年4月1日以降の使用料表(税込表示)

一般用

下水道使用料表、農業集落排水施設使用料表、コミュニティ・プラント使用料表
排除汚水量(基本料金 1使用月につき) 金額(基本料金 1使用月につき) 排除汚水量(超過料金 1立法メートルにつき) 金額(超過料金 1立法メートルにつき)
10立方メートルまで 1,198円80銭 10立方メートルを超え20立方メートルまで 151円20銭
10立方メートルまで

1,198円80銭

20立方メートルを超え30立方メートルまで 178円20銭
10立方メートルまで

1,198円80銭

30立方メートルを超え50立方メートルまで 199円80銭
10立方メートルまで

1,198円80銭

50立方メートルを超え100立方メートルまで 232円20銭
10立方メートルまで

1,198円80銭

100立方メートルを超えるもの 259円20銭

一般用とは、公衆浴場用以外を指します。

したがって、一般家庭だけでなく、工場、店舗なども一般用により計算します。

公衆浴場用

排除汚水量1立方メートルにつき119円88銭

使用料計算例

(例)2か月で、55立方メートル使用した場合の計算例

検針は2か月に一度のため、排除汚水量は1か月ずつ均等に使用したものとみなし計算します。

この例の場合では、前月分28立方メートル、後月分27立方メートルとなります。

前月分(28立方メートル)

  • 基本料金(10立方メートルまで)1,198円80銭
  • 151円20銭×10立方メートル=1,512円
  • 178円20銭×8立方メートル=1,425円60銭

小計4,136円40銭

改め4,136円(1円未満切捨て)

後月分(27立方メートル)

  • 基本料金(10立方メートルまで)1,198円80銭
  • 151円20銭×10立方メートル=1,512円
  • 178円20銭×7立方メートル=1,247円40銭

小計3,958円20銭

改め3,958円(1円未満切捨て)

合計4,136円+3,958円=8,094円

経過措置

平成26年3月31日以前から継続して下水道、農業集落排水施設、コミュニティ・プラントを使用されているかたで、平成26年4月又は5月の検針が平成26年4月1日以降初めて行われる検針の場合に確定する使用料は、経過措置により旧税率(5パーセント)が適用されます。

例1:偶数月検針の場合

平成26年2月10日(前回検針日)後の排除汚水量について平成26年4月10日に検針し、排除汚水量及びそれに応じた使用料が確定した場合、この4月検針分の使用料には旧税率の5パーセントが適用されます。

例2:奇数月検針の場合

平成26年3月10日(前回検針日)後の排除汚水量について平成26年5月10日に検針し、排除汚水量及びそれに応じた使用料が確定した場合、この5月検針分の使用料には旧税率の5パーセントが適用されます。

経過措置により旧税率が適用される使用料は、平成26年3月31日までと同様に計算します。

具体的な計算例は以下をご覧ください。

平成26年3月31日までの使用料表(税抜表示)

一般用

下水道使用料表、農業集落排水施設使用料表、コミュニティ・プラント使用料表
排除汚水量(基本料金 1使用月につき) 金額(基本料金 1使用月につき) 排除汚水量(超過料金 1立法メートルにつき) 金額(超過料金 1立法メートルにつき)
10立方メートルまで 1,110円 10立方メートルを超え20立方メートルまで 140円
10立方メートルまで 1,110円 20立方メートルを超え30立方メートルまで 165円
10立方メートルまで 1,110円 30立方メートルを超え50立方メートルまで 185円
10立方メートルまで 1,110円 50立方メートルを超え100立方メートルまで 215円
10立方メートルまで 1,110円 100立方メートルを超えるもの 240円

一般用とは、公衆浴場用以外を指します。

したがって、一般家庭だけでなく、工場、店舗なども一般用により計算します。

公衆浴場用

排除汚水量1立方メートルにつき111円

旧税率(5パーセント)での使用料計算例

(例)2か月で、55立方メートル使用した場合の計算例

検針は2か月に一度のため、排除汚水量は1か月ずつ均等に使用したものとみなし計算します。

この例の場合では、前月分28立方メートル、後月分27立方メートルとなります。

前月分(28立方メートル)

  • 基本料金(10立方メートルまで)1,110円
  • 140円×10立方メートル=1,400円
  • 165円×8立方メートル=1,320円

小計3,830円

3,830円×1.05(消費税及び地方消費税)=4,021円50銭

改め4,020円(10円未満切捨て)

後月分(27立方メートル)

  • 基本料金(10立方メートルまで)1,110円
  • 140円×10立方メートル=1,400円
  • 165円×7立方メートル=1,155円

小計3,665円

3,665円×1.05(消費税及び地方消費税)=3,848円25銭

改め3,840円(10円未満切捨て)

合計4,020円+3,840円=7,860円

この記事に関するお問い合わせ先

下水道課 業務担当

郵便番号:350-1213 日高市大字高萩1385番地1
電話:042-989-2771
ファックス:042-984-1312
お問い合わせフォームへ

更新日:2017年03月01日