消防団員とは

消防団員の身分

消防団員は特別職の地方公務員です

消防団員は、消防局や消防署の職員と違って、消防を本業として生計を立てている訳ではありません。
普段は自分の仕事を持っており、火災などの災害が起きたときに活躍するので、非常備消防団員といいます。また、消防署の職員は消防を本業としているので常備消防職員といって区別しています。

消防団員として任命されると「特別職の地方公務員」としてのさまざまな処遇を受けることになります。

消防団員の服務

消防団への入団は本人の意思によりますが、入団した本人の行為によって、懲戒や分限の処分をうける場合があります。また、選挙活動については一定の制限があります。消防団員が、個人として政党に入党すること、選挙運動をすること、公職の候補者になり公職に就くことは自由に行うことができます。しかしながら、消防団員の地位を利用しての選挙運動をすることは制限されます。

消防団員の任命

消防団員は消防団長から任命されます。

消防団員になるには

年齢18歳以上で市内に在住、在勤、または在学する者で、下記の要件を満たしていれば、男女に区別がなく誰でも消防団員になることができます。

要件

  1. 市内に居住し、または勤務する者
  2. 年齢18歳以上の者
  3. 志操堅固で、かつ、身体強健な者

消防団員の処遇

団員報酬と費用弁償

消防団員は、階級によって1年間に次のとおり報酬が支給されます。

消防団員報酬(単位:円)

階級

団長

副団長

分団長

副分団長

部長

班長

団員

年額 229,000 172,000 155,000 121,000 100,000 88,500 82,000

費用弁償(出動手当)

消防団員は、出動に対し次のとおり費用弁償(出動手当)が支給されます。

  • 火災出動 (1回につき2,400円)
  • 警戒出動 (1回につき2,400円)
  • 訓練出動 (1回につき2,400円)
  • その他出動(1回につき2,400円)

被服の貸与

消防団活動に必要な制服や活動服などは市から貸与されます。

公務災害補償

消防団員が公務により死亡し、若しくは病気やケガをした場合には、本人や遺族などに対して、その損害を補償します。
補償の種類は、次の6種類です。

  1. 療養補償
  2. 休業補償
  3. 傷病補償年金
  4. 障害補償
  5. 遺族補償
  6. 葬祭補償

退職報償金

 消防団員が、5年以上在職して退職した場合に、その団員の在職年数や階級に応じて次のとおり退職報償金が支給されます。

退職報償金(単位:円)
階級

勤務年数
5年以上
10年未満

勤務年数
10年以上
15年未満

勤務年数
15年以上
20年未満

勤務年数
20年以上
25年未満

勤務年数
25年以上
30年未満

勤務年数
30年以上

団長

239,000

344,000

459,000

594,000

779,000

979,000

副団長

229,000

329,000

429,000

534,000

709,000

909,000

分団長

219,000

318,000

413,000

513,000

659,000

849,000

副分団長

214,000

303,000

388,000

478,000

624,000

809,000

部長・班長

204,000

283,000

358,000

438,000

564,000

734,000

団員

200,000

264,000

334,000

409,000

519,000

689,000

平成26年4月1日以降に退団された方に適用されます。

表彰制度

消防団員の士気の高揚を図り、その労に報いるための処遇の一環として、叙位・叙勲や消防長官表彰など国が行う表彰をはじめ、県や市および関係団体からさまざまな表彰があります。

活動内容

この記事に関するお問い合わせ先

危機管理課 防災防犯・消防担当 (本庁舎 2階)

郵便番号:350-1292 日高市大字南平沢1020番地
電話:042-989-2111(代表)
ファックス:042-989-2316
お問い合わせフォームへ

更新日:2018年03月05日