熱中症に注意して過ごしましょう【令和4年6月30日更新】

「熱中症」とは、高温多湿な環境に、私たちの体が適応できないことで生じるさまざまな症状の総称です。

いつでも、どこでも、誰でも、条件次第で熱中症にかかる危険性があります。正しい予防方法を知り、普段から注意しましょう。

(注釈)市では、「防災行政無線」や「ひだか知っ得情報アプリ」等の通知を活用し、注意を呼びかけています。

熱中症予防5つのポイント

  • 高齢者は上手にエアコンを
  • 暑くなる日は要注意
  • 水分はこまめに補給
  • 「おかしい!?」と思ったら病院へ
  • 周りの人にも気配りを

熱中症予防5つのポイント(埼玉県)

熱中症5つのポイントチラシ表
熱中症5つのポイントチラシ裏

熱中症対策チェックシート 熱中症にならない・させないために

熱中症予防のため、ご家庭やご近所、同じ職場の人、高齢者にお声掛けください。

エアコンをつけていますか?

遮光カーテンやすだれをつけ、扇風機や換気扇を併用し、就寝時はタイマーなどを活用して、エアコンを効率的に使いましょう。

水分をとっていますか?

室内でも、屋外でも、のどの渇きを感じていなくても、こまめに水分・塩分、スポーツドリンクなどを補給しましょう。1日あたり、1200ミリリットルを目安に!

暑い日の外出は控えてますか?

天気の良い日の外出はできるだけ控えましょう。どうしても外出する場合は、涼しい服装、日傘や帽子を着用しましょう。

マスクは外していますか?

屋外で人との距離(2メートル以上を目安)が確保できている時は、マスクを外しましょう。

日頃から体調管理をしていますか?

暑さに備え、栄養管理と、無理のない範囲での適度な運動をしましょう。

マスク着用の考えかた

新型コロナウィルス感染症の基本的な感染対策として、マスクの着用は重要ですが、熱中症のリスクも高まります。状況に応じて、マスクを外しましょう。

参考:国から示されているマスク着脱の考えかた

身体的距離が確保できる場合(2メートル以上を目安)
区分 屋内(注釈) 屋外
会話を行う 着用を推奨する 着用は必要ない
会話をほとんど行わない 着用は必要ない 着用は必要ない

(注釈)外気の流入が妨げられる、建物の中、地下街、公共交通機関の中など

身体的距離が確保できない場合
区分 屋内(注釈) 屋外
会話を行う 着用を推奨する 着用を推奨する
会話をほとんど行わない 着用を推奨する 着用は必要ない

(注釈)外気の流入が妨げられる、建物の中、地下街、公共交通機関の中など

新型コロナウィルス感染症流行期における「熱中症3つの備え」

熱中症の危険性が高まっています。

  • まだ体が暑さに慣れていない
  • マスク着用で熱がこもりやすく、喉の渇きに気づきにくい

屋内での備え

  • 生活リズムを整え、食事・睡眠をしっかりと
  • 上手にエアコンを使い、こまめな換気を忘れずに
  • 喉が渇く前からこまめに水分補給

屋外での備え

  • 外出は暑い日・時間を避けて(天気予報を参考に)
  • 早め早めの水分補給。マスク着用時は要注意
  • 日傘、帽子を使い、涼しい服装を

体調不良時の備え

  • めまい、立ちくらみ、手足のしびれは熱中症の危険サイン
  • 涼しい場所に避難して、服を緩めて体を冷やす
  • 我慢せず周りの人へSOS #7119へ相談を

熱中症予防3つの備え(埼玉県)

熱中症予防3つの備え

熱中症警戒アラート

熱中症警戒アラートは、熱中症の危険性が極めて高い暑熱環境になると予想される日の前日夕方または当日早朝に都道府県ごとに発表されます。
発表されている日には、外出を控える、エアコンを使用する等の、熱中症の予防行動を積極的にとりましょう。

外出はできるだけ控え、暑さを避けましょう

  • 熱中症を予防するためには暑さを避けることが最も重要です。
  • 昼夜を問わず、エアコン等を使用して部屋の温度を調整しましょう。
  • 不要不急の外出はできるだけ避けましょう。

熱中症のリスクが高い人に声かけをしましょう 

  • 高齢者、子ども、持病のある方、肥満の人、障がいのある人等は熱中症になりやすい人です。これらの熱中症のリスクが高い人には、身近な人から、夜間を含むエアコンの使用やこまめな水分補給等を行うよう、声をかけましょう。

熱中症予防情報サイト(環境省)

熱中症警戒アラート

関連サイト

この記事に関するお問い合わせ先

保健相談センター 予防担当(生涯学習センター内)

郵便番号:350-1231 日高市大字鹿山370番地20
電話:042-985-5122
ファックス:042-984-1081
お問い合わせフォームへ

更新日:2022年06月30日