ふるさと納税制度のご案内

「日高市を応援したい」という皆様からの寄附金を、豊かな自然と悠久の歴史に恵まれた市の特徴を生かした、暮らしやすいまち、そして、また行って見たいと思っていただけるまちづくりに活用させていただきます。
市内にお住まいの人をはじめ、以前住んでいた人、そして「日高市の出身ではないけれど日高市を応援したい」という全国の皆様からの寄附をお待ちしています。

年末年始の取り扱い

12月29日から1月3日までは閉庁日となります。
12月28日閉庁後の問い合わせ等は、1月4日以降の対応とさせていただきます。
申し込みの際は、早めのお手続きをお願いします。

お申し込みとご入金

【郵便局払込取扱票】
申し込みが平成29年12月13日までで、平成29年12月31日までに当庁にて入金確認できたもの

【窓口・現金書留】
平成29年12月28日午後5時までに現金による寄附をいただいた方は、平成29年分として取り扱います。それ以降は翌年の取り扱いとなりますのでご了承ください。

【ファックス・メール】
申し込みが平成29年12月13日までで、平成29年12月31日までに当庁にて入金確認できたもの

【ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」をご利用の方】(インターネット)
年末年始も申し込みを受け付けております。
ただし、支払い方法により以下の日時までに当庁にて入金確認できたもののみ、平成29年分として取り扱います。

  • 「クレジット決済」の場合
    平成29年12月31日午後11時15分頃までにクレジット決済処理が完了しているもの
  • 「クレジット決済以外」の場合
    お申し込みが平成29年12月13日までで、平成29年12月31日までに当庁にて入金確認できたもの

平成29年12月14日から平成30年1月4日までは「クレジット決済」のみの申し込み受け付けとなります(ただし平成29年12月31日午後11時15分頃から平成30年1月1日午前0時頃まではクレジット決済による申し込みもできません)。

そのほか、詳しくは以下をご覧ください。

【年末年始の取り扱いについて】(PDF:508.5KB)

ワンストップ特例申請書

ワンストップ特例制度を利用するためには、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を寄附した翌年の1月10日【必着】までに当市へ提出していただく必要があります(提出がないと特例の適用を受けられず、確定申告をしていただく必要があります)。

12月中旬以降に当市に寄附をいただいた場合、当市からの申請書様式の送付がおおむね12月末から1月上旬頃になってしまうことから、1月10日までに日高市へ申請を提出いただくために先にご自身で以下のリンク先の様式をプリントしていただき、添付書類も忘れずに同封し、日高市へ郵送していただきますようお願いします。

「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」(平成29年寄附分) 《日高市役所ホームページ内》

なお、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」の様式は、ワンストップ特例を希望された全ての人に郵送にて送付いたしますが、上記の方法により、ご自身でプリントアウトし、当市へ提出された場合、あらためての提出は不要です。

また、寄附をいただいた後に、住所などの申請内容に変更があった場合、寄附をした翌年の1月10日【必着】までに、以下のリンク先の様式をプリントしていただき、変更届出書を提出してください(提出がないと特例の適用を受けられず、確定申告をしていただく必要があります)。

「寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書」 《日高市役所ホームページ内》

参考までに、ワンストップ特例制度等についての詳しい説明や流れは以下のとおりです。

ワンストップ特例制度 《ふるさとチョイス内》

インターネットで寄附のお申し込みから決済までできます

クレジットカード決済も行うことができます

ふるさと納税のポータルサイト「ふるさとチョイス」から寄附の申し込みができ、そのままお支払いをクレジットカード決済で行うことができます。

お礼品(特典)は随時更新しています

寄附のお礼品(特典)を日高市のさまざまな特産品などです。寄附金額に応じて組み合わせて選ぶこともできます。

なお、お礼品については市内外の方を問わずお贈りいたします(平成29年10月1日からは市外の方のみお贈りいたします)。

また、寄附をいただければ何度でもお贈りします。

【お知らせ】ふるさと納税の返礼品を見直しました

平成29年4月1日付けの総務省通知、「金銭類似性の高い返礼品や、資産性の高い返礼品、高額な返礼品は送付しないようにすること」、「返礼品の価格を寄附額の3割以下にすること」、「当該地方団体への住民に対し返礼品を送付しないようにすること」を受け、10月1日から次のとおり返礼品を見直しました。

  • 総務省が例示している資産性の高い返礼品は提供を終了しました(カメラレンズフィルター5種)。
  • 返礼品の価格を寄附額の3割以下にしました。
  • 市民の方へは返礼品を送付しないこととしました。

寄附状況

多くの皆様からの寄附を賜り、誠にありがとうございました。心から感謝申し上げますとともに、皆様のご期待に応えるべく、この寄附金をまちづくりのため大切に使わせていただきます。

事業メニューごとの寄附額(平成29年度)

平成29年7月から9月分
事業メニュー名 件数(件) 金額(円)
(1) 高麗郷 遠足の聖地プロジェクトを応援しよう 110 1,922,000
(2) 高麗郷古民家を後世に引き継ごう 144 2,437,779
(3) 未来を担う「ひだかっ子」をまるごと応援しよう 443 9,198,000
(4) 地域で活躍する人(頑張る人)を応援しよう 143 2,350,000
(5) 高麗川駅東口整備を応援しよう 40 595,000
自治体にお任せ 628 13,318,186
[合計] 1,508 29,820,965
平成29年4月から6月分
事業メニュー名 件数(件) 金額(円)
(1) 高麗郷 遠足の聖地プロジェクトを応援しよう 49 1,195,000
(2) 高麗郷古民家を後世に引き継ごう 67 2,023,653
(3) 未来を担う「ひだかっ子」をまるごと応援しよう 173 3,875,000
(4) 地域で活躍する人(頑張る人)を応援しよう 51 950,000
(5) 高麗川駅東口整備を応援しよう 19 695,000
自治体にお任せ 307 8,377,526
[合計] 666 17,116,179

寄附者一覧(氏名等の公表の同意をいただいた団体・個人のみ)

平成29年4月から6月(PDF:504.3KB)

平成29年7月から9月(PDF:881.7KB)

過去の寄附状況

過去の寄附状況
年度 件数(件)[注釈] 金額(円)
28 4,048 104,150,648
27 2,714 47,280,755
26 46 2,939,950
25 52 2,384,029
24 19 7,492,816
23 30 10,805,998
22 42 4,506,910

[注釈]ここでいう件数とは、実際に寄附していただいた個人・団体の数です(述べ数ではありません)。

平成28年度まちづくり寄附金を活用した事業

いつもふるさと納税へのご協力ありがとうございます。

平成28年度は以下の事業に活用させていただきましたのでご報告します。

高麗郡建郡1300年を応援しよう

充当額:20,000,000円

高麗郡建郡1300年を記念した「記念祭」「にじのパレード」「花火大会」「渡来人の里フォーラム」「公開歴史講演会」「歴史シンポジウム」など

記念祭合唱
にじのパレードオープニング
にじのパレードフロート
にじのパレード衣装を着て歩く女性たち

子どもたちの心に残る本をおくろう

充当額:1,673,827円

市内の小中学校と市立図書館に子どもたちの心に残る図書を購入しました。
(小学校432冊、中学校323冊、市立図書館324冊)

購入した本が並ぶ本棚
購入した本たち

ボランティアの活動を応援しよう

充当額:581,000円

市内で活動するボランティア団体に10万円を上限として9団体へ補助金を交付し、傾聴ボランティアや朗読ボランティア、巾着田の美化活動などに活用していただきました。

巾着田の美化活動
朗読ボランティア

寄附金の使いみち(まちづくり寄附金事業メニュー)

下記の(1)から(5)の事業メニューの中から、寄附者ご自身で寄附金を使って欲しいと思う事業を指定していただきます。お預かりした寄附金は、指定していただいた事業のために活用させていただきます。

なお、平成29年4月から、事業区分の内容を変更しました。

事業区分1 ふるさと自慢のまちづくりに関する事業

(1) 高麗郷 遠足の聖地プロジェクトを応援しよう

高麗郷の魅力や価値を発見発信し、恵まれた自然を生かした”遠足の聖地”として整備します。

(2) 高麗郷古民家を後世に引き継ごう

国登録有形文化財「高麗郷古民家」を巾着田から望む日高の代表的な景観として、後世に引き継ぎます。

高麗地域の花の写真

高麗地域の昔ながらの水車小屋の写真高麗地域の古民家の写真

平成23年度には、皆様からの寄附金の一部を活用し、巾着田の水車小屋と東屋の間にある取水場付近に「照手桃」の苗木3本を植樹するとともに、高麗郷の景観保全を目的として平成20年度に取得した高麗郷古民家(旧新井家住宅)の南土蔵をギャラリーに改修し、高麗地域の観光の拠点づくりとして整備しました。

平成23年度まちづくり基金運用報告のページに移動します

きれいな生け垣に囲まれた高麗地域の古民家の写真高麗地域の古民家の蔵の写真

事業区分2 おもいやりのまちづくりに関する事業

(3) 未来を担う「ひだかっ子」をまるごと応援しよう

日高市の未来を担う子どもたちが、心身ともに健康ですくすくと成長できるよう、子育て環境や子育て支援、教育環境の充実などに活用します。

寄付金によって日高市内の図書館に贈呈された図書の写真

平成24年度には、皆様からのまちづくり寄附金が目標額の150万円を超えたことから、平成24年度に高麗・高麗川・高萩・高根・高萩北・武蔵台の各小・中学校と市立図書館に、この寄附金を原資とした子どもたちの心に残る図書を購入しました。

平成24年度まちづくり基金運用報告のページに移動します

事業区分3 活力あるまちづくりに関する事業

(4) 地域で活躍する人(頑張る人)を応援しよう

ボランティアなどのまちづくり(人づくり)活動への支援や広く社会に貢献する人材の育成などに活用します。

(5) 高麗川駅東口整備を応援しよう

高麗川駅東口周辺整備にあわせ、日高市の玄関口にふさわしい施設として、高麗川駅舎や自由通路を整備し、駅を中心とした賑わいのあるまちづくりに活用します。

「あいあいまつり」で歌うボランティア団体の方たちの写真

市内のボランティア団体が寄附者に代わって活動するものです。

平成24年度には、皆様からのまちづくり寄附金が100万円を超えたことから、寄附者の思いをボランティア団体の活動につなげていただくため、各団体3万円を上限として18団体へ交付金を交付し、巾着田でのコンサートや環境の美化、また子どもの見守りや障がい者の支援等に活用していただきました。

平成24年度まちづくり基金運用報告のページに移動します

日高市の地域のイベントで演奏をするボランティア団体の方たち

寄附金の申し込み方法

「寄附申込書」に必要事項をご記入の上、次のいずれかの方法により、お申し込みください。

電子メールでの申し込み

furusato@city.hidaka.lg.jp あてに添付ファイルにて「寄附申込書」をお送りください。

ファクシミリでの申し込み

日高市役所 総務課 庶務・ふるさと納税担当あてに、ファクシミリにて「寄附申込書」をお送りください。

ファックス番号 042-989-2316

郵送での申し込み

下記の宛先に、「寄附申込書」をお送りください。

郵便番号 350-1292 埼玉県日高市大字南平沢1020番地 日高市役所 総務課 庶務・ふるさと納税担当 あて

窓口での直接申し込み

月曜日から金曜日までの午前8時30分から午後5時15分までに、日高市役所2階総務課へお越しください。(祝日および年末年始を除く)

インターネットでの申し込み

ふるさと納税のポータルサイト「ふるさとチョイス」からお申し込みください。
クレジットカードでの寄附をご希望される場合は、こちらをご利用ください。申し込みから支払いまでを一括して行うことができます。

寄附金の納付方法

希望する納付方法を下記よりお選びください。

納付書による納付

専用の納付書を送付します。お手元に届きましたら、下記金融機関の窓口にて納付をお願いします。手数料はかかりません。

埼玉りそな銀行、りそな銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、武蔵野銀行、東和銀行、埼玉縣信用金庫、飯能信用金庫、中央労働金庫、いるま野農業協同組合

郵便払込取扱票による納付

専用の払込取扱票を送付します。お手元に届きましたら、郵便局(ゆうちょ銀行)の窓口にて納付をお願いします。手数料はかかりません。

現金書留による納付

下記宛先に、現金書留にてお送りください。郵送料はご負担ください。

郵便番号 350-1292 埼玉県日高市大字南平沢1020番地 日高市役所 総務課 庶務・ふるさと納税担当 あて

市役所窓口で直接納付

月曜日から金曜日までの午前8時30分から午後5時15分までに日高市役所2階総務課で直接納付(祝日および年末年始を除く)

クレジットカード決済

クレジットカード決済は、ふるさと納税のポータルサイト「ふるさとチョイス」からお願いします。

申し込みから支払いまでを一括して行うことができます。

入金の確認

ご入金が確認できましたら、お礼品および寄附金受領証明書をお送りします。

お申込後、3か月以内に寄附金の納入が確認できなかった場合は、申込は取り下げたものと見なしますのであらかじめご了承ください。

お礼品

1万円以上の寄附をいただいた人に、日高市の特産品をお送りいたします。(寄附金申込時にお礼品を選択してください。)

寄附受領証明書

寄附の翌年に行う確定申告(寄附金控除)の際に必要となります。

寄附金税額控除に係る申告特例申請書(ワンストップ特例申請書)

確定申告が不要な給与所得者等について、ふるさと納税先団体が5団体以内の場合で確定申告を行わない場合に限り、ふるさと納税をする際にふるさと納税先団体に特例申請をすることにより、ふるさと納税寄附金控除がワンストップで受けられます。

寄附金申込時に、ふるさと納税ワンストップ特例の申請書の送付を希望された方に、寄附金税控除に係る申告特例申請書を送付いたします。

お礼品(特産品)をプレゼントします

10,000円以上の寄附をいただいた方には、お礼品として市の特産品をお送りいたします(平成29年10月1日からは市外の人のみお贈りいたします)。

寄附金額に応じて、お礼品を自由に組み合わせて選ぶことができます。

回数制限は設けていませんので、何回でもお礼品をお送りします。

パソコンの環境によって、下記のお礼品が全て見えない場合などがございます。その場合は「ふるさとチョイス」の日高市のページからご確認ください。

寄附金控除について

寄附された方の寄附金のうち2,000円を超える部分について、個人住民税額のおおむね2割を上限として、現在お住まいの場所で納める所得税や個人住民税から税額の控除が受けられます。
税額の控除は、個人住民税については翌年度分から控除され、所得税については現年分から控除されます。

税金の控除を受ける手続き

所得税の確定申告または住民税の申告が必要です。申告の際には、寄附金の領収書または寄附受領証明書が必要ですので、大切に保管してください。詳しくは、お近くの税務署または市区町村役場の住民税担当課へお問い合わせください。日高市民の人は、税務課市民税担当へお問い合わせください。

 

また、所得税の確定申告をされる人は、以下の国税庁「確定申告等作成コーナー」のページを参考にし作成お願いします。

所得税(確定申告書等作成コーナー)《外部リンク》

ふるさと納税ワンストップ特例制度

ふるさと納税による税の軽減を受けるためには、確定申告または個人住民税の申告を行う必要がありますが、平成27年4月1日の寄附分から「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用することで、確定申告等を行わなくても税の軽減を受けることができるようになりました。
ふるさと納税ワンストップ特例の適用を受ける人は、所得税の軽減相当額を含めて、個人住民税からまとめて控除されます。(ふるさと納税を行った翌年の6月以降に支払う個人住民税が軽減されます。)

ふるさと納税ワンストップ特例制度を利用するためには、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」をふるさと納税先の自治体(寄附先の自治体)に寄附をした翌年の1月10日(必着)までに提出していただく必要があります。(提出がないと特例の適用を受けられません。)

年末に寄附をいただいた場合、こちらからの申請書様式の送付が年明けになってしまうことから、先にご自身で以下の様式をプリントしていただき、添付書類も忘れずに同封し、日高市へ郵送お願いします。


なお、確定申告等を行ったり、6団体以上の地方公共団体に寄附を行うと、全ての寄附について特例の適用は受けられなくなりますのでご注意ください。

提出済の特例申請書の内容に変更があった場合、寄附をした翌年の1月10日(必着)までに、変更届出書を提出してください。(提出がないと特例の適用を受けられません。)

個人番号(マイナンバー)の記入および確認添付書類の提出も必要です。添付書類につきましては、下記の「 個人番号(マイナンバー)の確認添付書類の提出について」を参照して、申告特例申請書と一緒に提出してください。

「個人番号(マイナンバー)の確認添付書類の提出について」(PDF:424.1KB)

日高市にふるさと納税をしていただき、寄附申込時に「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を要望された方については、「寄附受領証明書」と同封して、住所、氏名および管理ナンバー等が記載された「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を送付しています。

寄附申込時に要望されず、後日「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」が必要となった人は、上記の「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を記入していただき、送付していただくか、下記担当あてに電話でまたは、電子メールで、furusato@city.hidaka.lg.jpあてにご連絡ください。ご連絡の際には、寄附申込日、寄附者の住所、氏名のほか、必ず生年月日をご連絡ください。後日、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を送付します。

ふるさと納税の税金控除について(外部リンク・総務省ホームページ)

自治体から謝礼を受けた場合の課税(一時所得)

自治体から寄附者へ謝礼として返礼品が送られた場合、所得税法上、一時所得に該当します。

これは、ふるさと納税(寄附金)が収入(返礼品)を得るための支出として扱われず、寄附金控除の対象とされていることに伴うものであり、一時所得は、年間50万円を超える場合に、超えた額について課税対象となります。

なお、懸賞や福引きの賞金品、生命保険の一時金や損害保険の満期払戻金なども一時所得に該当しますのでご注意ください。

 

詳しくは次の国税庁ホームページをご覧ください。

「ふるさと寄附金」を支出した者が地方公共団体から謝礼を受けた場合の課税関係(国税庁のページにリンクします。)

https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shotoku/02/37.htm

 

または、管轄税務署もしくはお住まいの自治体税務課(住民税担当)へお問い合わせください。

ご注意ください!

日高市への「まちづくり寄附金」は、申し込みのあった方のみに必要な書類や納付書などを送付しています。電話やはがきで寄附のお願いをしたり、寄附の強要をしたりすることはありません。不審なことがありましたら、ご連絡ください。

この記事に関するお問い合わせ先

総務課 庶務・ふるさと納税担当 (本庁舎 2階)

郵便番号:350-1292 日高市大字南平沢1020番地
電話:042-989-2111(代表)
ファックス:042-989-2316

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年10月01日