日高市教育に関する総合的な施策の大綱

概要

 地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部改正(平成26年法律第76号)により、首長が総合教育会議において協議し、「教育、学術及び文化の振興に関する総合的な施策の大綱」を定めることとなりました。

 本市においては、平成27年8月4日に総合教育会議を開催し協議を行った結果を受けて、下記のとおり日高市教育に関する総合的な施策の大綱を策定しました。

日高市教育に関する総合的な施策の大綱

基本理念「まちづくりは、人づくり」

 まちづくりの基本は人づくりから、次代を担う子どもたちが、健やかに育ち夢を育み、信頼される人に成長するための教育環境を、地域全体で支えます。

 また、生涯学習を振興し、市民の自主的・自発的な学びをまちづくりにつなげ、学んだことを地域で生かせる生涯学習社会を目指します。

基本方針

1 確かな学力と自立する力の育成

 全ての子どもが社会の一員として活躍できるよう、義務教育修了までに自立して社会で生きていく基礎的な力を身に付けることが重要です。

2 豊かな心と健やかな体の育成

 将来を担う子どもたちが、多様な経験を通し、他者への思いやりの心や規範意識を持ち、豊かな人間性や社会性を育むことが重要です。

3 質の高い学校教育の推進

 地域に開かれた学校づくりを進め、地域の理解と協力の下、教職員の資質向上や教育環境の整備などにより、質の高い学校教育を行っていくことが重要です。

4 家庭・地域の教育力の向上と連携

 家庭の教育力の低下や地域での異年齢交流の低下が指摘されるなど、社会全体で家庭教育の支援を行っていくことが必要です。

5 生涯学習の振興と人権教育の推進

 身近な場所で誰もが生涯学習をすることができる環境を整えることがたいせつです。また、地域コミュニティの活性化を図るとともに、人権を尊重した差別のない地域社会の実現に向けた取り組みを行うことが重要です。

6 歴史・伝統文化の継承と芸術文化の振興

 郷土の歴史文化を後世に伝えていくことは、重要な取り組みの1つです。また、多くの市民が自ら楽しんで芸術文化活動を行うことが必要です。

7 生涯スポーツの振興と健康の増進

 生涯にわたって健康で明るく、活力ある市民生活を送ることが、個人としても社会的にも意義があります。その手段として、スポーツ・レクリエーションの役割は重要で、より一層の推進が必要です。

平成27年9月

日高市長 谷ケ崎 照雄

この記事に関するお問い合わせ先

教育総務課 教育総務担当(本庁舎 5階)

郵便番号:350-1292 日高市大字南平沢1020番地
電話:042-989-2111(代表)
ファックス:042-989-2316

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年04月18日