鳥インフルエンザに関する市長メッセージ【令和5年2月1日掲載】

市長写真

日高市長 谷ケ崎 照雄

令和5年2月1日、日高市内の家きん農場で高病原性鳥インフルエンザの感染が確認されました。

当該家きん農場におきましては、感染の拡大を防ぐため、飼養うずらの殺処分や農場の消毒、農場周辺への移動制限区域を設定する等の防疫措置が埼玉県により実施されています。

当市におきましても、国や県、関係機関と連携を密に図りながら、早期終息に向けた対応に全力で取り組んでおります。

市民の皆様にはいましばらくご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

なお、これまでわが国の現状においては、鳥肉や卵を食べることによって人が鳥インフルエンザに感染した事例は報告されていません。市民の皆様には、根拠のない噂などに惑わされず、正確な情報に基づいた冷静な行動をとっていただき、風評被害の防止にご協力をお願いいたします。

この記事に関するお問い合わせ先

産業振興課 農政担当 (本庁舎 3階)

郵便番号:350-1292 日高市大字南平沢1020番地
電話:042-989-2111(代表)
ファックス:042-989-2316
お問い合わせフォームへ

更新日:2023年02月01日