手作りマスクの作り方【4月22日更新】

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により、マスクの品薄状態が続いています。
マスクの代用や節約のために、マスクを手作りする方法をご紹介します。

ハンカチやガーゼなどを使って自分でマスクを作り、国民一人一人ができる新型コロナウイルス感染症対策で、マスク不足を乗り切りましょう。

ハンカチを使用したマスクの作り方

  1. 顔のサイズに合わせて、ハンカチを折ります。
  2. ショートストッキングを5センチメートル幅に2個カットします。
  3. 折ったハンカチの両端からカットしたストッキングを通します。
  4. ハンカチの両端を折りたたみ、ストッキングを挟みます。

備考:ショートストッキングは、伸びる素材を選んでください。ヘアゴム等でも代用できます。

ハンカチで作った手作りマスク

立体マスクの作り方

縫って作る立体マスクの作り方です。

立体マスクの作り方(PDF:453.7KB)

立体マスク型紙(A4版)(PDF:59.2KB)
半面分となります。

立体マスク型紙(A3版)(PDF:396.4KB)

下記リンクでも、マスクの作り方を紹介しています

人ごみの多い場所や、不要不急の外出を控え、「咳エチケット」・「手洗い」・「体調管理」・「環境整備」へのご協力をお願いします。

布マスクの洗濯・消毒方法

布マスクは、洗濯することで繰り返し使用できます。詳しくは、下記動画を参考にしてください。

経済産業省ホームページ 布製マスクの洗い方について(外部サイト)

この記事に関するお問い合わせ先

危機管理課 防災・消防担当 (本庁舎 3階)

郵便番号:350-1292 日高市大字南平沢1020番地
電話:042-989-2111(代表)
ファックス:042-989-2316
お問い合わせフォームへ

更新日:2020年05月13日