市内家きん農場で発生した高病原性鳥インフルエンザの防疫措置の完了について【令和5年2月2日掲載】

令和5年2月2日、市内の家きん農場において発生した高病原性鳥インフルエンザの防疫措置について、防疫措置が完了しました。

農場の概要

所在地:日高市内
飼養羽数:約14万9千羽(うずら)

防疫措置の内容

  • 殺処分:14万9,057羽
  • 殺処分した家きん(うずら)、汚染物品(畜舎内の飼料等)の埋却処分等
  • 農場の清掃、消毒

今後の予定

消毒ポイントの運営

 消毒ポイント運営時間

日高市役所駐車場: 日高市南平沢1020(午前6時から午後5時まで )

肉・卵は安全です

これまで、肉や卵を食べて、人が鳥インフルエンザウイルスに感染したことはありません。

死亡した野鳥を見つけたら

死亡した野鳥を見つけた場合には、手を触れず、直ちに市環境課、または埼玉県西部環境管理事務所に連絡してください。

日高市環境課(電話042-989-2111(代表))

埼玉県西部環境管理事務所(電話049-244-1250)

関連情報

この記事に関するお問い合わせ先

産業振興課 農政担当 (本庁舎 3階)

郵便番号:350-1292 日高市大字南平沢1020番地
電話:042-989-2111(代表)
ファックス:042-989-2316
お問い合わせフォームへ

更新日:2023年02月02日