妊婦さんへの「新型コロナウィルス感染症対策」に関する情報

下記の情報は、厚生労働省が作成したリーフレット「新型コロナウィルス感染症(COVID‐19)対策 妊婦の方々へ」「妊婦の皆様へ外出自粛中のお知らせ」から抜粋しています。

感染したらどんな影響がありますか?

妊娠中でも過度な心配はいりません。

現時点では、妊娠後期に感染したとしても、経過や重症度は妊娠していない人と変わらないとされています。

胎児の異常や死産、流産を起こしやすいという報告もありません。

日頃の感染予防

一般的には、妊娠中の人が肺炎にかかった場合には、重症化する可能性があります。

下記に注意して過ごしましょう。

  • 人ごみを避ける
  • こまめに手を洗う
  • 「密閉空間」「密集場所」「密接場面」の3つの密を避ける
  • 家庭内に感染疑いのある人がいる場合は、別室で過ごすなど接触を避け、タオルや食器の共用は避ける

発熱などがある場合

妊娠中の人は、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合でも、念のため、重症化しやすいかたと同様に、まずは早めに下記へご相談ください。

埼玉県新型コロナウィルス感染症県民サポートセンター

電話:0570-783-770

平日・土曜日・日曜日・祝日24時間対応

  • 日本語にのみ対応しています
  • 聴覚に障害のある人をはじめ、電話でのご相談が難しい人は、ファックスをご利用ください。
    ファックス:048-830-4808(埼玉県保健医療部保健医療政策課感染症・新型インフルエンザ対策担当)

帰国者・接触者相談センター(狭山保健所)

電話:04-2954-6212

受け付けは、平日午前8時30分から午後5時15分までです。

関連情報

この記事に関するお問い合わせ先

保健相談センター 健康支援担当(生涯学習センター内)

郵便番号:350-1231 日高市大字鹿山370番地20
電話:042-985-5122
ファックス:042-984-1081
お問い合わせフォームへ

更新日:2020年05月21日