「1人1日10グラム」の可燃ごみ減量にご協力ください

「可燃ごみ」の処理費用は「重さ」で決まります

  • 市民の皆さん一人一人が1日10グラムの減量をすると、一人当たり年間約3.6キログラムの可燃ごみを減らすことができます。
  • これを処理費用に換算すると年間約840万円の節約となります。
  • 節約できた分は、ごみ出しの利便性向上や、他の行政サービスの充実に活用します。
粗大ごみの画像

木製家具やふとんを切らないで出せるように

子どもたちの画像

日高の子どもたちのために

可燃ごみ減量3つのポイント

1 リサイクル資源の分別徹底

リサイクル可能な紙類は「古紙・古布」の日や、地域の集団資源回収に出しましょう。

(市の歳入や実施団体の活動資金になります。)

2 生ごみの水切り

「可燃ごみ」は重さの約半分が水分で占められています。

この水分を減らすことができれば、処理費用を節減することができます。

水切りネットなど上手に利用しましょう。

3 枝葉や雑草の乾燥

草葉の水分や付着している土の重さも処理費用に含まれます。

よく乾かしてから出しましょう。

リサイクルできる紙類の代表例と減量効果

ティッシュの箱

ティッシュの箱(30グラム)

ビールの紙パック

缶ビールの6本パック(30グラム)

牛乳パック

牛乳パック(30グラム)

ラップの箱と芯

食品ラップの箱(32グラム)・芯(31グラム)

カレーやお菓子の箱

カレーやお菓子の箱(19グラム)

トイレットペーパーの芯

トイレットペーパーの芯(6グラム)

この記事に関するお問い合わせ先

環境課 廃棄物対策担当 (本庁舎 3階)

郵便番号:350-1292 日高市大字南平沢1020番地
電話:042-989-2111(代表)
ファックス:042-989-2316
お問い合わせフォームへ

更新日:2018年02月27日