市職員がごみ集積所を訪問しています

令和4年8月から11月までの間、環境課職員が各地区のごみ集積所を訪問し、「可燃ごみの減量」に向けた啓発活動を行っています。

啓発活動の際は、雑紙回収袋と可燃ごみ減量のポイントをまとめたリーフレットをお配りしています。

お住まいの地区でキャンペーンが行われる際は、ご理解・ご協力をお願いします。

(注釈)新型コロナウイルス感染症拡大の状況を考慮しつつ実施します。

ゴミ集積所で利用者に啓発リーフレットを渡す職員

啓発活動の様子

啓発リーフレットと雑紙回収袋

啓発活動でお配りしているもの

可燃ごみ減量のための3つのポイント

分別の徹底

古紙類はしっかりと分別することで、市の貴重な歳入になるとともに、可燃ごみの減量にもつながります。

メモ用紙や封筒などの小さな紙もリサイクル資源となりますので、分別をお願いします。

生ごみの水切り・庭の枝葉や草の乾燥

可燃ごみの重さの約半数は水分です。

特に台所から出る生ごみは水分量が多いため、水切りネットなどを使ってじゅうぶんに水を切ってから集積所に出してください。

店頭回収

リサイクルへの取り組みの1つとして、スーパーマーケットなどで店頭回収を実施している店舗が増えています。お買い物の際に利用してみてください。

この記事に関するお問い合わせ先

環境課 廃棄物対策担当 (本庁舎 3階)

郵便番号:350-1292 日高市大字南平沢1020番地
電話:042-989-2111(代表)
ファックス:042-989-2316
お問い合わせフォームへ

更新日:2022年09月15日