障がい者福祉 手当の支給

在宅重度心身障がい者手当

主に対象となる人

  1. 身体障がい者手帳1級、2級の人
  2. 療育手帳マルA(最重度)、A(重度)の人
    (注釈)「マルA」の実際の表示は、「A」を丸囲みした文字です。
  3. 精神障がい者保健福祉手帳1級の人(平成22年1月1日以降)
  4. 超重症心身障がい児(平成22年1月1日以降。障がい児福祉手当受給者も可能です)

(注釈)施設に入所している人、手帳取得時に満65歳以上の人は、対象となりません。

内容

月額 5,000円

申請の翌月からの分について、9月と3月に6か月分をまとめて指定口座に振り込みます(特別障がい者手当、障がい児福祉手当、経過措置による福祉手当の受給者は除きます)。ただし、障がい者本人に市民税が課税されている場合、課税期間中は支給停止となります。

在宅重度心身障がい者手当の支給対象範囲が変わりました

平成22年1月から、新規に在宅重度心身障がい者手当を受けることができる人の範囲が変わりました。

  • 受給対象に、精神障がい者保健福祉手帳1級を持っている人、超重症心身障がい児(人工呼吸器を使用するなど、医療的ケアを必要とする重症心身障がい児)が追加されました。(超重症心身障がい児については、障がい児福祉手当受給者も対象になります)
  • 65歳以上で新たに障がい者手帳を取得した場合などは、支給対象外になりました。
  • 既に受給が決定している65歳以上の人や、現在65歳未満で受給が決定している人が65歳に達した場合は、それまでと変わらず受給できます。

特別障がい者手当

対象となる人

20歳以上で、身体または精神に重度障がいがあり、特別な介護が必要な人(障がい基礎年金の障がい等級が1級程度の障がいが重複する人およびそれと同程度以上と認められる人。施設に入所している人、3か月以上継続して病院または診療所に入院している人は、対象となりません)

内容

月額 2万7,200円(平成31年4月改定)

申請の翌月からの分について、5月、8月、11月、2月に3か月分まとめて指定口座に振り込みます。ただし、障がい者本人または扶養している人に一定以上の所得がある場合は、支給停止となります。

障がい児福祉手当

対象となる人

20歳未満で、おおむね次のいずれかに該当する在宅の人(施設に入所している人、障がいを支給事由とする年金を受給している人は、対象となりません)

  1. 身体障がい者手帳(1級または2級の一部)の人
  2. 療育手帳マルA(最重度)相当の人
    (注釈)「マルA」の実際の表示は、「A」を丸囲みした文字です。
  3. 精神障がい、血液疾患、肝臓疾患等で、障がいの程度が上記1、2と同程度と認められる人

内容

月額 1万4,790円(平成31年4月改定)

申請の翌月からの分について、5月、8月、11月、2月に3か月分をまとめて指定口座に振り込みます。ただし、障がい者本人または扶養している人に一定以上の所得がある場合は、支給停止となります。

経過措置による福祉手当

対象となる人

20歳以上で、制度改正(昭和61年4月1日)前の福祉手当を受給していた人のうち、特別障がい者手当も障がい基礎年金も受けることができない人(施設に入所している人は、対象となりません)

内容

月額 1万4,790円(平成31年4月改定)

申請の翌月からの分について、5月、8月、11月、2月に3か月分まとめて指定口座に振り込みます。ただし、障がい者本人または扶養している人に一定以上の所得がある場合は、支給停止となります。

日高市では固有名詞を除き、障害(児)者の「害」を「がい」に改め、表記しています。

この記事に関するお問い合わせ先

障がい福祉課 支援推進担当(本庁舎 1階)

郵便番号:350-1292 日高市大字南平沢1020番地
電話:042-989-2111(代表)
ファックス:042-989-2316
お問い合わせフォームへ

更新日:2019年04月09日