「健幸のまち」宣言特別記念 親子でロコチェック!ロコモ予防教室

「ロコモ」って、何?

「ロコモ」とは、「ロコモティブシンドローム」の略称です。

加齢や運動不足などにより、筋肉、骨、関節などの機能が落ちてしまい、「歩く」「立ち上がる」などの移動機能が低下した状態を指します。

「ロコモ」は、高齢者がなりやすいと思われがちですが、子どもでも運動不足の影響から「ロコモ」になり、骨折や捻挫などのけがを引き起こす可能性もあります。

ちょっと気になる?!子どもの様子

子どもの様子で、

  • 体育の授業で転びやすい
  • 朝礼で立ってられない
  • しゃがめない
  • 少し歩いただけで疲れたという

など…「ロコモ」の前触れかもしれません。

お父さん、お母さんも一緒に「ロコモ」をチェックし、親子で「ロコモ」予防しましょう。

親子で「ロコモ」を予防しよう!

日時

令和4年6月12日(日曜日)午後1時30分から3時まで

「健幸まつり」のイベントとして実施します。

会場

文化体育館「ひだかアリーナ」

対象

5歳以上の子どもとその親

定員

50組

内容

  • 親子でロコモチェック
  • 「日高市健康ロコモ体操」の実演 など

申し込み方法

当日会場へお越しください。

この記事に関するお問い合わせ先

保健相談センター(生涯学習センター内)

郵便番号:350-1231 日高市大字鹿山370番地20
電話:042-985-5122
ファックス:042-984-1081
お問い合わせフォームへ

更新日:2022年05月24日