学校給食の放射性物質の調査結果(平成28年3月2日掲載)

日高市の学校給食は、児童、生徒の健康と安全を第一に考え取り組んでおります。放射能関係につきましても、国や専門機関をはじめ県や近隣の自治体の情報収集に努め、安全な学校給食を提供できるようにしております。 今回、重ねて安全性を確認すべく、検査機関に検査を依頼いたしました。調査結果は以下のとおりです。

調査の目的

実際に摂取する給食の放射線量の有無や数値を測定すること

調査方法

調理後の給食2キログラム(約3人分)をミキサーにかけ、ゲルマニウム半導体検出器により検査しました。

検査対象

平成28年2月29日(月曜日)の学校給食(ごはん・ワンタンスープ・ビビンパ・マーラーカオ・牛乳)

使用食材

牛乳・鶏肉・豚肉・かまぼこ・わかめ・米・ごま・ワンタン・マーラーカオ・にんじん・たけのこ・干ししいたけ・もやし・長ねぎ・にんにく・しょうが・ほうれん草・調味料・油・水

検出限界

10ベクレル毎キログラム

検査結果

放射性セシウム134 不検出

放射性セシウム137 不検出

放射性セシウム計 -

検査依頼機関

株式会社環境テクノ

前回の放射性物質の調査結果については次のリンクをクリックしてください。

この記事に関するお問い合わせ先

学校給食センター

郵便番号:350-1231 日高市大字鹿山19番地
電話:042-985-3600
ファックス:042-985-3602
お問い合わせフォームへ

更新日:2018年07月10日