日高市農業経営者燃料価格等高騰対策支援給付金(第2期)【令和4年11月1日掲載】

コロナ禍において、エネルギー価格等の高騰の影響を受けている農業経営者を支援するため、給付金を支給します。

対象

個人で農業経営を行っている農業経営者で、次のいずれかに該当する人

  • 令和4年1月1日において市内に住所を有し、かつ、令和3年中の農業収入が100万円以上ある人
  • 市が農業経営基盤強化促進法第13条第1項に規定する認定農業者として認定した農業経営者で、令和3年中の農業収入が100万円以上ある人
  • 市が平成29年度以降に農業経営基盤強化促進法第14条の5第1項に規定する認定就農者として認定した農業経営者またはこれに準ずる農業経営者として市長が認める人

給付金額

一律5万円

申請の手続き

申請方法

下記必要書類を直接または郵送で産業振興課へ申請してください。

必要書類

  1. 日高市農業経営者燃料価格等高騰対策支援給付金(第2期)交付申請書(様式第1号)(Wordファイル:37KB)
  2. 日高市農業経営者燃料価格等高騰対策支援給付金(第2期)請求書(様式第3号)(Wordファイル:34KB)
  3. 令和3年分確定申告書Bの写し、収支内訳書(農業所得用)または青色申告決算書(農業所得用)の写し
  4. 申請者名義の通帳(振込口座の分かる部分)の写し

(注釈)第1期(令和4年10月31日まで)給付金を申請した場合は、3および4の書類は不要です。

(注釈)直接申請する場合は、本人確認ができるものをお持ちください。また、郵送の場合は、本人確認ができる書類(写し)を同封してください。

本人確認書類の例

  • 1枚でよいもの(国や市町村が発行した写真入りの本人確認書類)…マイナンバーカード、運転免許証、旅券など
  • 2枚以上必要なもの(国や市町村などが発行した写真無しの本人確認書類)…健康保険証、基礎年金番号通知書、介護保険証など

(注釈)日高市から転出している場合は、住所を置いていたことが確認できる書類(住民票の写し、戸籍の附票など)を添付してください。

申請期限

令和5年1月31日(火曜日)(消印有効)

よくあるご質問

認定農業者とは?

農業経営基盤強化促進法に基づく農業経営改善計画認定申請により、市の認定を受けている農業者のことをいいます。

認定就農者とは?

農業大学校を卒業後、いるま野地域明日の農業担い手育成塾を経て、市の認定を受けた農業者のことをいいます。

自分が給付対象となるか調べるには?

確定申告書Bの収入金額等の農業欄(イ)が100万円以上あることを確認してください。

郵送で申請する場合、確定申告書Bだけ同封すればいいですか?

収支内訳書(農業所得用)または青色申告決算書(農業所得用)も一緒に同封してください。

国、県の給付金との併給は可能ですか?

他の給付金や各種補助金等との併給は可能です。他の給付金等が日高市農業経営者燃料価格等高騰対策支援給付金と併給が可能かどうかは、給付金等の各窓口にご確認ください。

給付金は課税の対象となりますか?

税務上、課税対象となる収入金額に算入する必要があります。

この記事に関するお問い合わせ先

産業振興課 農政担当 (本庁舎 3階)

郵便番号:350-1292 日高市大字南平沢1020番地
電話:042-989-2111(代表)
ファックス:042-989-2316
お問い合わせフォームへ

更新日:2022年11月01日