市制施行30周年

谷ケ崎照雄市長

ごあいさつ

日高市は、平成3(1991)年に市制を施行してから、本年10月1日に30周年を迎えました。市民の皆さんをはじめ、今日にいたるまで市政運営にご協力いただいた関係各位に心から感謝申し上げます。
この記念すべき節目に、当市では第6次日高市総合計画がスタートし、新たな将来都市像「誰もが安心して住み続けられる ふれあい清流文化都市 日高」の実現に向けて歩み始めました。
当市をさらに魅力あるまちとして未来につないでいくため、市民の皆さんと手を携えて市政に取り組んでまいります。今後とも、市政への一層のご理解と参画をお願いいたします。

平成3年の市制施行時に埋められたタイムカプセル2つ

具体的な取り組み

平成3年10月1日の市制施行時に埋設したタイムカプセルの発掘

市制施行30周年記念式典の開催

市勢要覧の作成

市制施行30周年記念切手販売

(注釈)「市制施行30周年記念花火大会」および「日高祭囃子連合会による居囃子」は、新型コロナウイルス感染症の状況を鑑み、開催を断念することとしました。

平成3年度の広報ひだかの表紙

復刻 広報ひだか

市制施行時の日高市を回想できるよう、当時の広報ひだかを公開しています。

ネガフィルムのイメージ写真

思い出写真

市制施行当時から30年間の思い出を随時更新しています。

カウントダウンイメージ

カウントダウン

写真募集は終了しました。

日高市市制施行30年間の主な出来事

平成3年10月 日高市が誕生
平成3年10月 市のシンボルマーク作成
平成7年2月 「ふれあい清流文化都市」を宣言
平成8年3月 首都圏中央連絡自動車道一部開通(関越自動車道鶴ヶ島JCTから青梅IC)
平成8年4月 木製トラス橋としては日本一の長さを誇る(当時)「あいあい橋」完成
平成8年10月 大韓民国烏山市と友好都市提携を締結
平成9年4月 総合福祉センター「高麗の郷」開設
平成14年5月 文化体育館「ひだかアリーナ」開館
平成14年11月 可燃ごみ処理を太平洋セメント株式会社によるごみ資源化処理に移行
平成16年10月 第59回国民体育大会「彩の国まごころ国体」弓道競技会開催
平成21年4月 日高市マスコットキャラクター「くりっかー・くりっぴー」誕生
平成23年11月 日高クリーン宣言
平成25年8月 高麗川駅西口土地区画整理事業完成
平成28年5月 高麗郡建郡1300年記念祭
平成28年10月 市の花に曼珠沙華を追加
平成29年4月 「遠足の聖地」宣言
平成29年9月 天皇皇后両陛下(現在の上皇上皇后陛下)行幸啓
平成31年4月 大相撲日高場所開催

データでみる今と昔

人口 53,435人(平成3年1月1日) 55,142人(令和3年4月1日)
人口(男) 26,721人(平成3年1月1日) 27,380人(令和3年4月1日)
人口(女) 26,714人(平成3年1月1日) 27,762人(令和3年4月1日)
世帯数 15,227世帯(平成3年1月1日) 24,375世帯(令和3年4月1日)
人口密度 1,125人/平方キロメートル(平成3年1月1日) 1,161人/平方キロメートル(令和3年4月1日)
一世帯平均家族数 3.5人/世帯(平成3年1月1日) 2.26人/世帯(令和3年4月1日)
平均年齢 34.3歳(平成3年1月1日) 49.3歳(令和3年1月1日)