重度心身障がい者医療費助成制度

重度心身障がい者医療費助成制度とは

目的

この制度は、重度心身障がい者が必要とする医療を容易に受けられるようにするため、医療費の本人負担分を助成することにより重度心身障がい者の保健の向上と福祉の増進を図ることを目的としています。

対象者

市内に住所があり、社会保険や国民健康保険などの各種医療保険に加入し、次のいずれかに該当している人(重度心身障がい者)です。

ただし、65歳以上で新たに重度心身障がい者となった人は、対象外です(重度心身障がい者となった年齢が65歳未満の人は65歳以上となっても引き続き対象者です)。

  1. 身体障がい者手帳1級、2級又は3級を所持している人
  2. 療育手帳マルA、A、又はBを所持している人
  3. 精神障がい者保健福祉手帳(1級)を所持している人
  4. 65歳以上で、高齢者の医療の確保に関する法律施行令別表に掲げる障がいの状態にある旨の埼玉県後期高齢者医療広域連合又は市長の認定(障がい認定)を受けている人
  5. 上記1又は2に規定する障がいの程度で、特別の理由により手帳を所持していない人

対象疾病及び支給内容

医療保険の適用となる疾病が対象となり、医療保険制度によって支払った医療費の最終的な自己負担額を給付します。(最終的な自己負担額とは、医療保険制度における医療費から、高額療養費、附加給付金などを控除した額のことをいいます)

重度心身障がい者医療費助成制度の登録

重度心身障がい者医療費の助成を受けるには、あらかじめ登録申請をして重度心身障がい者医療費受給者証の交付を受ける必要があります。

必要なもの

  • 健康保険証(対象者の氏名が入ったもの)
  • 受給者(18歳未満のときは保護者)の銀行等口座番号の控え
  • 障がいの程度を確認できる書類(身体障がい者手帳、県の発行した療育手帳など)
  • 「マイナンバーカード(個人番号カード)」または「写真付きの公的身分証明書及び通知カード」

手続き場所

健康支援課(市役所1階4番窓口)

重度心身障がい者医療費の申請方法など

後期高齢者医療に加入している人の場合

医療機関などに後期高齢者医療被保険者証及び重度心身障がい者医療費受給者証を提示し、受診後に医療費を支払います。

かかった医療費は、市が医療機関などからの書類を元に、自動的に受給者の指定口座へ振込むため、支給申請書により申請する必要はありません。

  • 健康保険が適用されないもの(個室代、文書料、健康診断など)は自己負担となります。
  • 申請の代わりに医療機関からの請求(レセプト)により負担額を処理するため、受診後 約5か月後からの支給となります。

70歳以上の人の場合

  • 医療機関などに健康保険証を提示し、受診後に医療費を支払います(領収書の受領)。
  • 重度心身障がい者医療費申請書に領収書を添付のうえ市に申請してください。

飯能地区(飯能市、日高市内)の一部の医療機関などは、必要事項を記入した重度心身障がい者医療費支給申請書を医療機関などに提出すると医療機関などから市役所に提出され、受診した月の翌々月に登録した銀行等口座へ支給されます。

70歳未満の人の場合(平成27年4月診療分より変更になりました)

市と協定を締結した日高市・飯能市の医療機関などの窓口に、平成27年4月1日以降に発行された重度心身がい害者医療費受給者証(オレンジ色)と健康保険証を提示すると、窓口払いがなくなります。(協定を締結していない医療機関などもありますので、受診の際は医療機関などで必ず確認してください。)

ただし、次の場合は、従来どおり市に申請(請求)してください。(上記「70歳以上の人の場合」を参照)

  • 一部負担金が1人1か月21,000円以上になった場合
  • 重度心身障がい者医療費受給者証(オレンジ色)を医療機関などの窓口に提示しなかった場合
  • 日高市・飯能市外の医療機関などにかかった場合
  • 長期高額疾病(人工透析)に係る受診の場合

健康保険から受給者へ高額療養費や附加給付金が振り込まれた場合は、市へ返還してもらいます。

医療費が高額となったとき

入院などで医療費が高額となった場合には、加入している健康保険の給付金を受けられます。重度心身障がい者医療費はこの部分が二重払いとならないよう、金額を確認してから支給します。申請には健康保険の支給決定通知書の写しを添付してください。

健康保険の対象とならないもの(差額ベッド代、文書料、食事代、おむつ代など)は除きます。

高額療養費(加入している健康保険の制度)

同じ医療機関で一人がひと月に支払った医療費が次の自己負担限度額を超えた場合に後日払い戻される制度です。

(参考)日高市国民健康保険加入の70歳未満の人(平成27年1月診療分から)

高額療養費の参考表
所得要件 区分 3回目まで

総所得金額等が901万円を超える

252,600円+(総医療費-842,000円)×1パーセント

総所得金額等が600万円を超え、901万円以下

167,400円+(総医療費-558,000円)×1パーセント

総所得金額等が210万円を超え、600万円以下

80,100円+(総医療費-267,000円)×1パーセント

総所得金額等が210万円以下

(住民税非課税世帯を除く)

57,600円

住民税非課税世帯

35,400円

附加給付金(加入している健康保険の制度)

健康保険組合や共済組合などで、法定の保険給付以上に給付水準を引き上げて行う任意給付制度です。金額は加入している健康保険によって異なり、国民健康保険など制度のない組合もあります。

高額療養費、附加給付金の金額が確定するのは、診療月からおおよそ3か月から4か月後になります。

重度心身障がい者医療費申請書の記入例など

記入例

申請書の記入例のイラスト

申請書ダウンロード

この申請に用いる様式は日高市総合電子窓口に登録されており、窓口まで行かずに、お持ちのプリンタを使って事前に様式を取得することができます。

日高市重度心身障害者医療費支給申請書(PDF:154.3KB)

提出先

  • 市役所(健康支援課国民年金・医療費担当1階4番窓口)
  • 高萩出張所、高根出張所、高麗出張所、武蔵台出張所
  • 保健相談センター

 審査後、提出した月の翌月に登録した銀行等口座へ支給されます。

重度心身障がい者医療費に関するQ&A

どんな治療が対象になりますか?

健康保険の給付対象になっているものが全て対象になります。たとえば健康診断、文書料、個室料、食事代、おむつ代などは健康保険の給付対象になりませんので、重度心身障がい者医療費でも給付されません。

健康保険証と特定疾病療養受療証を提示して人工透析を受けています。対象になりますか?

特定疾病療養受療証を提示した場合は、窓口での負担額が最高1万円となっています。これは1万円を限度に医療費を特定疾病療養費として健康保険が負担する制度ですので、1万円の負担部分に関しては重度心身障がい者医療費の対象となります。

確定申告の医療費控除に使用できますか

重度心身障がい者医療費などの制度により給付された部分については、実際の自己負担額がなくなるため、対象となりません。

病気や障がいの程度によって重度心身障がい者医療費の助成金額に違いはありますか?

重度心身障がい者医療費の受給資格があれば、病気や障がいの程度によって支給額が変わることはありません。ただし、下記のような助成制度を既に受けているときは、その制度のうちの自己負担金額を重度心身障がい者医療費として請求することができます。

重度心身障がい者医療費としての請求が可能な助成制度

制度名

実施主体

制度概要

自己負担

特定疾患医療

埼玉県

特定の病気について医療費の助成をする制度

所得に応じた負担あり

更生医療

市(社会福祉課)

更生のために必要な医療を助成する制度

所得に応じた負担あり

育成医療

埼玉県

更生のために必要な医療を助成する制度(18歳未満の場合)

所得に応じた負担あり

適正受診に、ご理解とご協力をお願いします

重度心身障がい者医療費は、市民の皆さまの貴重な税金と埼玉県の補助金にて実施しております。制度の運営を維持するため、以下のことにご注意いただきご協力をお願いします。

  • 救急の場合を除き、平日の時間内に受診しましょう。
  • 同じ病気で複数の医療機関を受診する「重複受診」を控え、ふだんの健康管理をしてくれる「かかりつけ医」をもちましょう。
この記事に関するお問い合わせ先

健康支援課 国民年金・医療費担当 (本庁舎 1階)

郵便番号:350-1292 日高市大字南平沢1020番地
電話:042-989-2111(代表)
ファックス:042-989-2316
お問い合わせフォームへ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年08月20日