平成30年住宅・土地統計調査調査員を募集

日高市では平成30年住宅・土地統計調査を行うに当たり、調査に協力してくれる統計調査員を募集しています。

住宅・土地統計調査とは

住宅・土地統計調査は、統計法に基づき、国内の人が居住している建物の土地の保有状況、その世帯の実態を調査し、住宅関連諸施策の基礎資料を得ることを目的として実施しており、昭和23年以来5年ごとに実施しています。日高市では全437調査区の中から143調査区が抽出され、その中から更に1調査区当たり17世帯を抽出して調査を行います。

調査員の活動時期・業務

  1. 調査員説明会へ参加し、業務内容を把握。調査で使用する調査書類・用品を受け取る。(8月31日(金曜日)を予定)
  2. 調査員1人につき2から3調査区を担当(1調査区当たり約50世帯)し、あらかじめ市が用意した「地図」を基にして、担当調査区内を巡回し、地図に印字された建物の有無や、1つの建物に対する世帯数を確認し「地図」と「調査対象名簿」にルールに従った番号を記入する。(9月上旬から中旬を予定)
  3. 「地図」と「調査対象名簿」をいったん市に提出し、同日、1調査区当たり17世帯を抽出した「地図」と「調査対象名簿」を受け取る。(9月中旬を予定)
  4. オンライン用の回答用紙を抽出された世帯に配布(9月中旬を予定)
  5. オンライン回答をしなかった世帯を訪問し、「調査対象名簿」に世帯主または代表者の氏名、空き家等の別を記入し、紙で回答する調査票を配布(9月下旬を予定)

(注釈)調査票の提出は郵送も可能です。

  1. 配布した調査票(インターネットおよび郵送回答分を除く)を回収し、調査票を検査(10月上旬を予定)
  2. 1の調査員説明会で受け取った調査書類を完成させ、市役所に提出。(10月中旬を予定)

以上のとおり予定しています。

(注釈)現状での予定ですので、業務内容や調査活動時期が変更になる場合もあります。

調査員の要件

次の全ての要件に当てはまる人

  1. 20歳以上の健康な人で、責任を持って統計調査を遂行できる人
  2. 秘密を保持できる人
  3. 税務・選挙・警察用務に直接関わりのない人

報酬

国の基準に基づき、5万円程度の報酬を支払います。

その他

  1. 調査中に事故などの災害にあった場合には、一般の公務員と同様に、公務災害補償が適用されます。
  2. 統計調査項目の中には他人に知られたくない事項もあります。統計調査員には統計法による守秘義務があり、調査中に知り得た情報を漏洩した場合には罰則が適用されます。

申し込み

電話または直接市役所市政情報課へ(後日簡単な面接をします)

この記事に関するお問い合わせ先

市政情報課 市政情報担当 (本庁舎 2階)

郵便番号:350-1292 日高市大字南平沢1020番地
電話:042-989-2111(代表)
ファックス:042-989-2316
お問い合わせフォームへ

更新日:2018年06月11日