「竹細工と流しそうめん」をおこないました!(高麗川公民館)

竹を削ってお箸を作っている様子

高麗川地区の老人会のかたに教わりながら、竹のお箸が出来上がりました!

    平成29年8月2日(水曜日)、高麗川公民館では「夏休み子ども公民館」の第1弾目として「竹細工と流しそうめん」を行いました。
    この「竹細工と流しそうめん」は、高麗川公民館で平成11年から現在まで長年にわたり続いている行事です。
    近年、核家族が増えるなかで、祖父母との接触が少ないことにより、子どもに日本の伝統的な文化を伝えることが難しくなってきています。この行事は、高麗川地区の老人会のかたに手伝っていただき、子どもが自分で作った竹細工を(竹の箸)を使って流しそうめんを食べる、という日本の伝統的行事を体験し、その文化を継承していくことを目的としています。 また、多角的な世代間の交流としても、とても貴重なイベントです。

    今年も、70人以上のかたに参加いただき、楽しく盛大におこなわれました!

流しそうめんを食べている様子

自分で作った竹のお箸で、みんなで囲んで食べる流しそうめんは、おいしいね!

市長と一緒に流しそうめんを食べている様子

「みんな、おなかいっぱい食べてね。」
市長が声をかけてくれました。

この記事に関するお問い合わせ先

高麗川公民館

郵便番号:350-1206 日高市大字南平沢1098番地2
電話:042-989-9110
ファックス:042-989-9429

更新日:2017年08月07日