1歳未満の乳児にはちみつを与えないでください

「1歳未満の赤ちゃんにはちみつを与えてはいけない」と、聞いたことはありませんか?

その理由は、はちみつに含まれるボツリヌス菌が赤ちゃんの体内に入り、「乳児ボツリヌス症」を引き起こすかもしれないからです。

平成29年3月都内で、はちみつの摂取が原因と推定される乳児ボツリヌス症による死亡事例がありました。

赤ちゃんを守るため、1歳未満の赤ちゃんにははちみつを与えないでください。

乳児ボツリヌス症とは

1歳未満の赤ちゃんがボツリヌス菌の「芽胞(がほう)」(植物に例えると種子のような耐久型の菌の状態)を、食品を通して体内に入れることで重症化する感染症です。

症状

便秘、筋力の低下、母乳やミルクを飲む力が弱くなる、泣き声が小さくなるなど。

原因食品

主な原因食品は、はちみつです。 (原因不明な事例も多いが、はちみつ以外、原因食品が確認された事例はほとんどありません。)

予防方法

1歳未満の赤ちゃんには、ボツリヌス菌の芽胞に汚染される可能のある食品(はちみつ等)をたべさせないことです。

ただし、1歳以上の人がはちみつを摂取しても、本症の発生はありません。

この記事に関するお問い合わせ先

保健相談センター(生涯学習センター内)

郵便番号:350-1231 日高市大字鹿山370番地20
電話:042-985-5122
ファックス:042-984-1081

更新日:2017年04月12日