熱中症にご注意ください

「熱中症」は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。

熱中症予防の5つのポイント

1.高齢者は上手にエアコンを

高齢者や持病のある方は、暑さで徐々に体力が低下し、室内でも熱中症になることがあります。上手にエアコンを使いましょう。

2.暑くなる日は要注意

急に暑くなる日は、体が暑さに慣れていないため要注意です(特に、梅雨明け等)。

3.水分はこまめに補給

のどが渇いたと感じる前に、こまめに水分を補給しましょう。寝る前にも忘れずに。

4.「おかしい!?」と思ったら病院へ

熱中症は、めまい、頭痛、吐き気、倦怠感などの症状から、ひどいときには意識を失い、命が危険になることもあります。

「おかしい」と思ったら、涼しいところに避難し、医療機関に相談しましょう。

5.周りの人にも気配りを

ご近所で声を掛け合うなど、周りの人の体調にも気を配りましょう。

熱中症が疑われる人を見かけたら

  1. エアコンが効いている室内や風通しのよい日陰など、涼しい場所へ避難させる。
  2. 衣服をゆるめ、体を冷やす。(特に、首のまわり、脇の下、足の付け根など)
  3. 水分を補給する。

自力で水が飲めない、意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

熱中症についての情報

厚生労働省

熱中症関連情報[施策紹介、熱中症予防リーフレット、熱中症診療ガイドラインなど]

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/nettyuu/

「健康のため水を飲もう」推進運動

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/suido/nomou/

STOP!熱中症クールワークキャンペーン[職場における熱中症予防対策]

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000116133.html

環境省

熱中症予防情報[暑さ指数(WBGT)予報、熱中症環境保健マニュアル、熱中症予防リーフレットなど]

http://www.wbgt.env.go.jp/

この記事に関するお問い合わせ先

保健相談センター(生涯学習センター内)

郵便番号:350-1231 日高市大字鹿山370番地20
電話:042-985-5122
ファックス:042-984-1081
お問い合わせフォームへ

更新日:2018年07月24日