ごみのゆくえ

集積所に出されたごみ。その後はどのようにリサイクルされているのでしょうか? 

ごみの種類ごとの処理の行方
ごみの種類 どこに行くの どう処理されるの
可燃ごみ 太平洋セメント株式会社で資源化処理 セメントを製造する時の原料や燃料になります。
古紙 リサイクル事業者へ 新聞紙は新聞や雑誌など、雑誌類や段ボールは段ボール箱など、紙パックはトイレットペーパーなどになります。
古布 リサイクル事業者へ 中古衣料として海外で再利用したりウエス(工業用雑巾)、繊維の原料などになります。
ビン 無色と茶色とそのほかの色に分別し、リサイクル事業者へ そのまま使用できるものは再利用します。そのほかのものは新たなガラスビンや断熱材などの建設資材になります。
カン アルミとスチールに分別してリサイクル事業者へ アルミはアルミ缶などに、スチールは建設資材などになります。
ペットボトル 圧縮梱包してリサイクル事業者へ ペットボトルや繊維の原料などになります。
乾電池など リサイクル事業者へ 乾電池は亜鉛や鉄などに資源化処理されます。蛍光管はガラス製品や建設資材などになります。
粗大ごみ 破砕・分別し、鉄くずなどはリサイクル事業者へ、そのほかは再資源化工場へ 資源化処理され建設資材などになります。
金属ごみ 破砕・分別し、鉄くずなどはリサイクル事業者へ、そのほかは再資源化工場へ 資源化処理され建設資材などになります。

家庭ごみ収集量

年度ごとのごみの種類別家庭ごみ収集量(単位:トン)

ごみの種類 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度
可燃ごみ 11,696 11,247 10,923 10,888 10,745
古紙 316 349 369 333 307
古布 51 46 46 51 53
ビン 358 343 330 343

360

カン 169 172 170 147 122
ペットボトル 139 141 133 134 132
乾電池等(平成27年度まで)

22

21 18 30
有害ごみ(平成28年度から) 30
粗大・金属ごみ 335 322 343 352 344
合計 13,086 12,641 12,332 12,278 12,093
この記事に関するお問い合わせ先

環境課 廃棄物対策担当 (本庁舎 3階)

郵便番号:350-1292 日高市大字南平沢1020番地
電話:042-989-2111(代表)
ファックス:042-989-2316

更新日:2017年08月15日