生ごみ処理容器等設置補助金交付制度

家庭から出るごみの中で一番多い生ごみ。この生ごみを減らす方法のひとつに「生ごみ処理容器等」を使って堆肥化する方法があります。市では、「生ごみ処理容器等」を購入された方を対象に、補助金を交付しています。この制度を利用して、ごみの減量化にご協力ください。

補助対象者

市内に住所を有する人(事業所は除く)

補助の内容等

処理機等の補助内容等
処理器等の種類 特徴 補助額
  • 生ごみ処理容器【コンポスト容器】
    コンポスターのイラスト
  • 生ごみ処理容器【EM容器】
    EM容器のイラスト
  • 生ごみ処理容器【コンポスト容器】
    土の上に設置し、微生物の働きによって生ごみを分解させ堆肥化させる。
  • 生ごみ処理容器【EM容器】
    EM菌を用いて生ごみを発酵させ、できたものを土に埋めて肥料とする。
  • 1基につき購入費用の2分の1を補助(上限3,000円。100円未満の端数を切り捨てた額)
  • 一世帯につき5年間で2基まで
  • 電気式生ごみ処理機【バイオ方式】
  • 電気式生ごみ処理機【乾燥方式】
  • 電気式生ごみ処理機【バイオ方式】
    処理槽内でチップ剤と生ごみを混ぜながら、微生物の働きにより生ごみを分解させる。
  • 電気式生ごみ処理機【乾燥方式】
    高温の温風で生ごみを乾燥させる。
  • 購入費用の2分の1を補助(上限20,000円。100円未満の端数を切り捨てた額)
  • 一世帯につき5年間で1基

ディスポーザー(家庭の排水設備に設置する生ごみ処理機)は対象となりません。

申請に必要な書類等

  1. 日高市生ごみ処理容器等設置補助金交付申請書(用紙は環境課に用意してあります。また、下記からもダウンロードできます。)
  2. 補助金交付請求書(用紙は環境課に用意してあります。)
  3. 印鑑(朱肉を使うもの)
  4. 申請者名義の金融機関の口座番号が分かるもの(通帳など)
  5. 領収書(申請者の氏名および商品名が記載されていること)レシートは不可
  6. 保証書の写し・取扱説明書表紙の写し(電気式生ごみ処理機のみ)

 

この記事に関するお問い合わせ先

環境課 廃棄物対策担当 (本庁舎 3階)

郵便番号:350-1292 日高市大字南平沢1020番地
電話:042-989-2111(代表)
ファックス:042-989-2316
お問い合わせフォームへ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年06月01日