「曼珠沙華」が市の花になりました

曼珠沙華の写真

平成28年10月1日に「曼珠沙華」を市の花に追加指定しました

1.概要

市の観光の拠点である巾着田に咲き誇る500万本の曼珠沙華は、日高市をイメージする花として、すでに市内外に定着しています。日高市では、この「曼珠沙華」の位置付けをより明確にするため、10月1日(日高市民の日)に市の花として追加指定しました。

2.経過

市の花を曼珠沙華にすることについて、第5次日高市総合計画後期基本計画の策定に当たり、実施した市民アンケートでは、「ハギから曼珠沙華に変更してもよい」が46.1パーセントと最も高く、「ハギと曼珠沙華の両方あってもよい」が22.9パーセント、「ハギのままがよい」が14.8パーセント、「どちらでもよい」が13.6パーセントという結果でした。

また、従来の市の花である「ハギ」は、昭和55年12月に指定し、市民の皆さんに愛着を持っていただいていることを踏まえ、市の花を「ハギ」から「曼珠沙華」に変更するのではなく、追加指定することとしました。

3.今後の取り組み

今後、市といたしましては、追加指定した「曼珠沙華」を従来の市の花である「ハギ」と併せて、本市のPRなどに活用していきます。

この記事に関するお問い合わせ先

政策秘書課 企画調整担当(本庁舎 2階)

郵便番号:350-1292 日高市大字南平沢1020番地
電話:042-989-2111(代表)
ファックス:042-989-2316

更新日:2017年03月01日