リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(性と生殖に関する健康と権利の考え方)

1994年にエジプトのカイロで開かれた国際人口開発会議(ICPD)にて提唱された概念です。

リプロダクティブ・ヘルスは、人間の生殖システムおよびその機能と活動過程の全ての側面において、単に疾病、障害がないというばかりでなく、身体的、精神的、社会的に完全に良好な状態にあることを指します。

人々が安全で満ち足りた性生活を営むことができ、生殖能力を持ち、子どもを持つか持たないか、いつ持つか、何人持つかを決める自由をもつことを意味します。生殖年齢にある男女だけではありません。思春期以後の生涯にわたる性と生殖に関する健康を意味し、子どもを持たないライフスタイルを選択する人々を含めた、全ての個人に保障されるべき健康概念です。思春期保健、生殖年齢にあるカップルを対象とする家族計画と母子保健、人工妊娠中絶、妊産婦の健康、HIV/エイズを含む性感染症、不妊、ジェンダーに基づく暴力等も含まれます。

リプロダクティブ・ライツとは、性に関する健康を享受する権利です。

すべてのカップルと個人が、自分たちの子どもの数、出産間隔、出産する時期を自由にかつ責任をもって決定でき、そのための情報と手段を得ることができるという権利です。また、差別、強制、暴力を受けることなく、生殖に関する決定を行える権利も含まれます。さらに、女性が安全に妊娠・出産を享受でき、またカップルが健康な子どもを持てる最善の機会を得られるよう適切なヘルスケア・サービスを利用できる権利が含まれています。

市の取組(第4次日高市男女共同参画プラン)

当市の第4次男女共同参画プランにおいては、『男女共同参画の視点に立った健康支援』を施策として掲げ、性差に関する理解を深めるとともに、男女の健康を生涯にわたって支援するための取組を総合的に推進していくために、次のような取組を実施します。

性と生殖に関する健康と権利の考え方の普及・啓発

リプロダクティブ・ヘルス/ライツの視点による講座や相談事業を実施します。

健康維持の促進

男女がともに健康に生活していくために、男女の性差や各ライフステージに応じた健康診査や健康相談等を実施します。

予防対策の推進

性に関する健康問題について、正しく理解し適切に行動を取ることができるよう、地域や学校等と連携し、エイズなどの性感染症予防対策や薬物乱用防止対策を推進します。

 

第4次日高市男女共同参画プラン

この記事に関するお問い合わせ先

総務課 市民活動・人権推進担当 (本庁舎 2階)

郵便番号:350-1292 日高市大字南平沢1020番地
電話:042-989-2111(代表)
ファックス:042-989-2316

更新日:2017年06月15日