障がい者福祉 地域生活支援事業

日常生活用具の給付

在宅の重度障がい児及び障がい者に対し、日常生活を容易にするため、日常生活用具の給付を行います。

対象者となる人

身体障がい者手帳の交付を受けている人で、手帳に記載されている障がいなどに関わる日常生活用具の給付が必要な人

用具の種類

介護・訓練用支援用具

特殊寝台、特殊マット、特殊尿器、入浴担架、体位変換器、移動用リフト、訓練いす、訓練用ベッド

自立生活支援用具

カーシート、入浴補助用具、T字状・棒状のつえ、移動・移乗支援用具、頭部保護帽、特殊便器、トイレチェアー、車いす用段差昇降機、火災警報器、自動消火器など

在宅療養等支援用具

透析液加温器、ネブライザー(吸入器)、電気式たん吸引器、酸素ボンベ運搬車、盲人用体温計、盲人用体重計

情報・意志疎通支援用具

携帯用会話補助装置、情報・通信支援用具、点字ディスプレイ、点字器、人工喉頭など

排せつ管理支援用具

ストマ装具(消化器系・尿路系)、紙おむつ等、収尿器

居宅生活動作補助用具

住宅改修

費用

原則として、給付に要した費用の1割の定率負担となります。

外出のための支援(移動支援事業)

屋外での移動に困難がある障がい者及び障がい児について、外出のための支援を行うことにより、これらの人の、地域での自立生活及び社会参加を促すことを目的としています。

対象者となる人

次のいずれかに該当する人で、利用対象者として登録された人

  1. 身体障がい者手帳の交付を受けている人で、屋外で活動するのに著しい困難を伴う視覚障がい(児)者、全身性障がい(児)者及びこれらに準ずる人
  2. 埼玉県療育手帳制度要綱(平成14年埼玉県告示第1365号)に基づく療育手帳の交付を受けている人
  3. 知的障がい者更生相談所又は児童相談所において、知的障がいと判定された人
  4. 医師により発達に障がいがあると診断された人
  5. 精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている人のうち、漠然とした不安がある、妄想がある又は公共機関等の利用に係る各種手続きを単独で行うことが困難であるなどの理由により、単独での外出が困難な人

内容

社会生活上必要不可欠な外出・社会参加のための外出で、原則として1日の範囲内で用務を終えるものについて、必要な支援を行います。

  1. 権利・義務に関する相談・手続き
  2. 学校行事、又はPTA活動などへの参加
  3. 家計の維持、又は財産の保全に係る手続きなど
  4. 日常生活上必要な買物など
  5. 各種行事、又は研修会
  6. 冠婚葬祭
  7. 余暇、スポーツ、又は文化活動への参加
  8. 初もうで、又は墓参りなどの社会的習慣など

利用にあたっては、一定の要件があります。

費用

利用する事業所に確認してください。

コミュニケーションのための支援(意思疎通支援事業)

聴覚、言語機能、音声機能その他の障がいのため意思疎通を図ることに支障がある障がい者及び障がい児に対し、手話通訳者及び要約筆記者を派遣することにより、これらの人の社会生活における意思疎通を支援することを目的としています。

対象となる人

聴覚、言語機能、音声機能その他の障がいのため意思疎通を図ることに支障がある障がい者及び障がい児で、身体障がい者手帳の交付を受けている人

内容

手話通訳者及び要約筆記者を派遣することにより、これらの人の社会生活における意思疎通を支援します。

利用にあたっては、一定の要件があります。利用料は無料です。

相談窓口

日高市障がい者相談支援センター

対象となる人

在宅で生活する身体、知的、精神障がいのある人やその家族など

内容

福祉サービスの利用援助や福祉制度の活用、施設の紹介、ピアカウンセリング、生活・介護相談及び情報提供など

連絡先

日高市障がい者相談支援センター

日高市大字楡木201番地(日高市総合福祉センター「高麗の郷」内)

電話:042-978-7681

ファックス:042-978-7682

精神障がい者地域活動支援センター

対象となる人

在宅で生活する精神障がいのある人やその家族

内容

日常生活の問題などに対する助言、指導、情報提供及び創作的活動など

連絡先

精神障がい者地域活動支援センターのぞみ

毛呂山町毛呂本郷682 社会福祉法人毛呂病院内

電話:049-276-2088 ファックス:049-276-1739

日中活動における一時支援(日中一時支援事業)

障がい者等の日中における活動の場を確保し、家族の就労支援及び障がい者等を日常的に介護している家族の一時的な休息の確保を目的としています。

対象となる人

次のいずれかに該当する人で、利用対象者として登録された人

  1. 身体障がい者手帳の交付を受けている人
  2. 療育手帳の交付を受けている人
  3. 知的障がい者更生相談所又は児童相談所において、知的障がいと判定された人
  4. 医師により発達に障がいがあると診断された人
  5. 精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている人

内容

日中において利用者に活動の場を提供し、見守り、社会に適応するための日常的な訓練、相談等の必要な支援を行います。

費用

利用する事業所に確認してください。

入浴サービス

家庭において入浴することが困難な重度身体障がい者に、移動浴槽車又は居宅の浴槽において入浴サービスを行うことにより、重度身体障がい者の健康管理を図ることを目的としています。

対象となる方

身体障がい者手帳1級、2級の人

内容

移動浴槽車を居宅に派遣します(月4回まで)。利用料は無料です。

自動車運転免許取得費の補助

身体障がい者、知的障がい者、精神障がい者に対し、道路交通法に規定する普通自動車免許の取得に要する経費の一部を補助することにより、障がい者の自立更生を促進するとともに、その福祉の増進を図ることを目的としています。

対象となる人

身体障がい者手帳、療育手帳又は精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている人で、運転免許試験の受験資格を有する人

内容

普通自動車免許を取得するために必要な経費の一部を補助します。120,000円を限度として必要経費の3分の2の額

自動車改造費の補助

身体障がい者、知的障がい者、精神障がい者に対し、自動車の改造に要する経費を補助することにより、障がい者の社会復帰を促進するとともに、その福祉の増進を図ることを目的としています。

対象となる人

身体障がい者手帳、療育手帳又は精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている人

内容

通勤等のために自ら自動車を運転する場合に必要な改造費の一部を補助します。100,000円を限度として改造費の実費

地域活動支援センター(身体障がい者デイサービス)

身体障がい者を対象に、日帰りで、施設において入浴、排せつ、食事の介護などを行います。

対象となる人

身体障がい者手帳の交付を受けている人で、利用対象者として登録された人

内容

入浴、食事の提供、創作的活動、機能訓練、レクリエーションなど

費用

無料

実費相当額は自己負担

 

日高市では障害(児)者の「害」を「がい」に改め、表記しています。

この記事に関するお問い合わせ先

社会福祉課 障がい福祉担当(本庁舎 1階)

郵便番号:350-1292 日高市大字南平沢1020番地
電話:042-989-2111(代表)
ファックス:042-989-2316

更新日:2017年03月01日