障がい者福祉 自立支援医療助成制度

更生医療、育成医療、精神通院医療

身体に障がいのある人の更生に必要な医療で、日常生活上の便宜を増すために障がいを軽くしたり、機能を回復することができるような医療費の軽減が受けられます。また、精神疾患による通院医療をされる人についても通院医療費の軽減があります。

対象となるかた

  • 更生医療(身体障がい者手帳の交付を受けている18歳以上の人)
  • 育成医療(身体に障がいのある18歳未満の人)
  • 精神疾患による通院医療を受けている人

更生医療、育成医療については、肢体不自由、視覚、聴覚、平衡機能、音声言語、そしゃく機能障がい、内部障がいなどの障がいのある人で、指定医療機関による診察、治療、手術(角膜手術、関節形成手術、心臓手術、血液透析療法、じん移植術等)などを受ける場合に、この制度を利用できます。

詳しくは、厚生労働省のホームページをご覧ください。

サービスの内容

  • 医療保険の負担上限額まで、医療費の原則1割を負担していただきます。
  • 所得の低い人、又は、継続的に相当額の医療費負担が発生する「重度かつ継続」の病名に該当する人は、月当たりの負担額に、別途、上限を設定しています。

日高市では障害(児)者の「害」を「がい」に改め、表記しています。

この記事に関するお問い合わせ先

社会福祉課 障がい福祉担当(本庁舎 1階)

郵便番号:350-1292 日高市大字南平沢1020番地
電話:042-989-2111(代表)
ファックス:042-989-2316

更新日:2017年03月01日