「介護マーク」をご活用ください

「介護マーク」とは

認知症などのかたの介護は、他の人から見ると介護していることが分かりにくいため、周囲の人から偏見や誤解を受けることがあります。このようなときに、介護中であることを周囲に理解してもらうために考案されたのが「介護マーク」です。

市では、介護しているかたの精神的負担を軽減するために「介護マーク」を交付します。認知症のかたや障がいのあるかたを介護しているかたは、ご活用ください。また、外出先などで「介護マーク」を身に付けているかたを見かけましたら、温かく見守ってください。

介護マークが青いストラップ付きの名札ホルダーに入った写真
介護マーク入りの名刺ホルダーを首からかけている写真

「介護マーク」の活用例

  • 介護していることを周囲にさりげなく知ってもらいたいとき
  • 駅やサービスエリア、店舗などのトイレに付き添うとき
  • 男性介護者が女性用下着を購入するとき
  • 病院で診察室に入る際、一見介助が不要に見えるのに2人で入室するときに、周囲の目が気になるとき

対象者

  • 市内に住所を有する認知症高齢者等を介護しているかた
  • 市内に住所を有する障がい者を介護しているかた

交付手続き

下記の交付場所にて、申請書に必要事項(申請書、介護を要するかたの住所、氏名等)を記入し、申請してください。その場で「介護マーク」と名札ホルダーをお渡しします。

交付場所

  • 日高市役所長寿いきがい課高齢者支援担当 (1階5番窓口)
  • 日高市高麗地域包括支援センター (電話:042-982-0111)
  • 日高市高麗川地域包括支援センター (電話:042-984-1362)
  • 日高市高萩地域包括支援センター (電話:042-984-3001)

ダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先

長寿いきがい課 高齢者支援担当 (本庁舎 1階)

郵便番号:350-1292 日高市大字南平沢1020番地
電話:042-989-2111(代表)
ファックス:042-989-2316

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年03月01日