ご存じですか?65歳以上のかたには住宅用火災警報器の給付制度があります

 埼玉西部消防組合飯能日高消防署管内では、全ての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務付けられています。

 住宅用火災警報器は、屋内の火災を煙又は熱により感知し、警報ブザーで知らせてくれる装置です。

 火災による死者の半数以上が逃げ遅れによるものと言われています。万一のとき、早めに火災に気付き、大切な命を守るために、ぜひご自宅にも住宅用火災警報器を設置しましょう。

 また、次の要件に該当するかたについては、住宅用火災警報器が給付される場合があります。詳しくは、下記の担当課までお問い合わせください。

対象者

65歳以上のひとり暮らしなどで、持ち家に居住しており、生計中心者が前年度市町村民税非課税のかた

費用

所得に応じて自己負担があります

  • 生活保護法による被保護世帯・・・自己負担無し
  • 前年度市町村民税非課税世帯・・・半額自己負担
この記事に関するお問い合わせ先

長寿いきがい課 高齢者支援担当 (本庁舎 1階)

郵便番号:350-1292 日高市大字南平沢1020番地
電話:042-989-2111(代表)
ファックス:042-989-2316

更新日:2017年03月01日