市民歴史講座「縄文時代 山の幸、海の幸」【1月21日・2月3日・3月10日開催】

 縄文人の生業はどのようなものだったのか。山梨県の遺跡から山の生活を、千葉県を中心に東京湾岸の貝塚から海の生活を、さらに北アメリカ北西海岸民族との比較から縄文時代をさぐる全3回の市民歴史講座を開催します。

 ぜひご参加ください。

平成29年度 市民歴史講座 「縄文時代 山の幸、海の幸」
日時 場所 内容・講師

平成30年1月21日 (土曜日)午後1時30分から

高麗川公民館

「植物を栽培した縄文人」

山梨県埋蔵文化財センター所長 中山誠二さん

平成30年2月3日(土曜日)午後1時30分から

高麗川南公民館

「東京湾東海岸における縄文時代中・後期の生業 千葉市特別史跡加曽利貝塚を中心に」 

千葉市加曽利貝塚博物館長 高梨俊夫さん

平成30年3月10日(土曜日)

午後1時30分から

高麗川公民館

「狩猟採集民の生業と居住 北アメリカ北西海岸の民族誌と縄文文化の比較」 

早稲田大学講師 山本典幸さん

申し込みは不要です。直接会場へお越しください。

不明な点は生涯学習課文化財担当までお尋ねください。

この記事に関するお問い合わせ先

生涯学習課 文化財担当(文化財室)

郵便番号:350-1245 日高市大字栗坪92番地2
電話:042-985-0290
ファックス:042-985-8779

更新日:2018年01月10日