B型肝炎ワクチンが、予防接種法に基づく定期接種となりました。

B型肝炎の予防接種は、今まで任意の予防接種でしたが、平成28年10月1日から、予防接種法に基づく定期接種(国が接種を推奨するワクチン)となりました。

接種対象者

平成28年4月1日以降に生まれた1歳の誕生日の前日までのお子さん

 母子感染予防のため、健康保険の給付によりB型肝炎ワクチンの投与の全部又は一部を受けたお子さんは対象となりません。

接種回数

 3回

 すでに任意で接種済みのかたは、残りの回数が定期接種の対象となります。

接種方法

27日以上の間隔で2回、1回目から139日以上あけて1回接種

接種場所

子どもの予防接種のページをご覧ください

対象のかたには、順次予診票を個別に通知します。同封の説明書をよくお読みいただき、委託医療機関で接種を受けてください。

この記事に関するお問い合わせ先

保健相談センター(生涯学習センター内)

郵便番号:350-1231 日高市大字鹿山370番地20
電話:042-985-5122
ファックス:042-984-1081
お問い合わせフォームへ

更新日:2017年04月01日