保育所(園)

保育所(園)とは

 保育所(園)は、児童の保護者が就労、疾病などのため家庭において児童の保育ができない場合、保護者に代わり保育することを目的とした児童福祉施設です。

市内の保育所(園)

  • 年齢は入所をする年度の4月1日現在の年齢になります。また、0歳児クラスへの入所については、月の1日に月齢が要件を満たした時点で入所が可能となります。例)平成28年5月1日生まれのお子さんは平成29年度は0歳児クラス
  • <最長>表記は延長保育の時間を含めた最長の時間になります。標準時間認定保育時間を超えた保育は延長保育となり、別途料金が必要になります。また、土曜日の保育利用は利用に条件が必要な場合があります。
  • 日高こどもえん保育園は満4歳以上の年齢の児童は入所できません。

公立

高麗川保育所(定員100人)
区分 定員 開所時間(平日) 開所時間(土曜日)
1歳および2歳 20人 <最長>午前7時30分から午後6時30分まで
(短時間)午前8時30分から午後4時30分まで
(標準時間)午前7時30分から午後6時30分まで
<最長>午前7時30分から午後1時まで
(短時間)午前8時30分から午後1時まで
(標準時間)午前7時30分から午後1時まで
3歳から5歳 80人

所在地 日高市原宿69-2

電話 042-989-1925

高麗保育所(定員90人)
区分 定員 開所時間(平日) 開所時間(土曜日)
1歳および2歳 12人 <最長>午前7時30分から午後6時30分まで
(短時間)午前8時30分から午後4時30分まで
(標準時間)午前7時30分から午後6時30分まで
<最長>午前7時30分から午後1時まで
(短時間)午前8時30分から午後1時まで
(標準時間)午前7時30分から午後1時まで
3歳から5歳 78人

所在地 日高市梅原5-2

電話 042-989-1579

高根保育所(定員120人)
区分 定員 開所時間(平日) 開所時間(土曜日)
0歳(満6か月から) 6人 <最長>午前7時30分から午後6時30分まで
(短時間)午前8時30分から午後4時30分まで
(標準時間)午前7時30分から午後6時30分まで
<最長>午前7時30分から午後1時まで
(短時間)午前8時30分から午後1時まで
(標準時間)午前7時30分から午後1時まで
1歳および2歳 33人
3歳から5歳 81人

所在地 日高市下鹿山490-1

電話  042-985-0564

私立

高萩保育園(定員120人)
区分 定員 開所時間(平日) 開所時間(土曜日)
0歳(満6か月から) 6人 <最長>午前7時30分から午後7時まで
(短時間)午前8時30分から午後4時30分まで
(標準時間)午前7時30分から午後6時30分まで
<最長>午前7時30分から午後1時40分まで
(短時間)午前8時30分から午後1時40分まで
(標準時間)午前7時30分から午後1時40分まで
1歳および2歳 24人
3歳から5歳 90人

所在地 日高市高萩1136-2

電話 042-989-2042

開栄保育園(定員90人)
0歳児 定員 開所時間(平日) 開所時間(土曜日)
0歳(満2か月から) 9人 <最長>午前7時15分から午後6時45分まで
(短時間)午前8時30分から午後4時30分まで
(標準時間)午前7時30分から午後6時30分まで
<最長>午前7時30分から午後4時30分まで
(短時間)午前8時30分から午後4時30分まで
(標準時間)午前7時30分から午後4時30分まで
1歳および2歳 26人
3歳から5歳 55人

所在地 日高市旭ヶ丘720-4

電話 042-985-7806

あさひ保育園 (定員120人)
区分 定員 開所時間(平日) 開所時間(土曜日)
0歳(満2か月から) 8人 <最長>午前7時30分から午後7時まで
(短時間)午前8時30分から午後4時30分まで
(標準時間)午前7時30分から午後6時30分まで
<最長>午前7時30分から午後5時30分まで
(短時間)午前8時30分から午後4時30分まで
(標準時間)午前7時30分から午後5時30分まで
1歳および2歳 42人
3歳から5歳 70人

所在地 日高市森戸新田99-4

電話 042-985-0553

日高こどもえん保育園(定員60人)

区分

定員

開所時間(平日)

開所時間(土曜日)

0歳(満4か月から) 8人

<最長>午前7時30分から午後6時30分まで
(短時間)午前8時30分から午後4時30分まで
(標準時間)午前7時30分から午後6時30分まで

<最長>午前7時30分から午後1時まで
(短時間)午前8時30分から午後1時まで
(標準時間)午前7時30分から午後1時まで

1歳および2歳 32人
3歳 20人

所在地 日高市新堀159

電話 042-984-3071

晃伸保育園(定員60人)
区分 定員 開所時間(平日) 開所時間(土曜日)
0歳(満3か月から) 6人 <最長>午前7時30分から午後7時まで
(短時間)午前8時30分から午後4時30分まで
(標準時間)午前7時30分から午後6時30分まで
<最長>午前7時30分から午後4時30分まで
(短時間)午前8時30分から午後4時30分まで
(標準時間)午前7時30分から午後4時30分まで
1歳および2歳 21人
3歳から5歳 33人

所在地 日高市中鹿山359

電話 042-986-0680

日高どろんこ保育園(定員90人)
区分 定員 開所時間(平日) 開所時間(土曜日)
0歳(満2か月から) 6人 <最長>午前7時から午後8時まで
(短時間)午前8時30分から午後4時30分まで
(標準時間)午前7時から午後6時まで
<最長>午前7時から午後8時まで
(短時間)午前8時30分から午後4時30分まで
(標準時間)午前7時から午後6時まで
1歳および2歳 21人
3歳から5歳 63人

所在地 日高市旭ヶ丘211-3

電話 042-984-1370

法人所轄庁が日高市となっている「社会福祉法人谷雲会(高萩保育園)」について、社会福祉法第59条第1項の規定により提出された「法人現況報告書」および「財務諸表」を公表しています。

市内保育所(園)の場所は下記をご参照ください。

入所の要件

保育所(園)に入所できる児童は、その保護者が、次のいずれかに該当している場合です。

  1. フルタイム、パートタイム、夜間・居宅内の労働などの理由のため、児童の保育ができない場合(1か月の就労時間が64時間以上を常態としている)
  2. 母親の妊娠または出産後間がないため、児童の保育ができない場合(出産前6週間、出産後8週間)
  3. 保護者に疾病・負傷または心身に障がいがあるなどの理由のため、児童の保育ができない場合
  4. 同居または長期入院等している親族を常時、介護または看護しているため、児童の保育ができない場合
  5. 震災、風水害、火災その他の災害復旧にあたっているため、児童の保育ができない場合
  6. 求職活動(起業の準備を含む)を継続的に行っているため、児童の保育ができない場合
  7. 就学等(職業訓練校などによる職業訓練を含む)により、児童の保育ができない場合
  8. 児童虐待(その恐れがある場合を含む)や配偶者からの暴力等により、児童の保育ができない場合
  9. 育児休業取得中に、該当児童以外で既に保育所(園)を利用していて、引き続きに施設の利用が必要と認められる場合(現に施設を利用していない場合に新規で利用することはできません)

「小学校入学前の幼児教育のため」あるいは「集団に慣れさせるため」という理由では入所できる要件に該当しませんので、ご注意ください。

入所手続きについて

年度当初から入所を希望する場合

  1. 申請書の配布(毎年10月1日から配布)
    配布場所:子育て応援課、出張所
  2. 入所申し込み(毎年11月上旬から実施)
    新規で入所希望の方は、面接を行います。
    ・1次選考の締切は11月末までになります。以降の提出は2次・3次選考になります。
    ・胎児の申請は受け付けできません。出産後に申請してください。
  3. 提出書類により審査を行います。
  4. 入所(園)(不)承諾通知の発送(毎年2月中旬頃通知)

年度途中から入所を希望する場合

 入所を予定している前月の10日までに申請書を提出してください。(10日が閉庁日の場合は後直近の開庁日)

 詳しくは子育て応援課保育担当へご相談ください。

保育料について

  1. 保育料は、世帯の市町村民税の所得割額(住宅取得控除等を控除する前の税額)を基に児童の年齢により決定します。
  2. 保育料は4月から8月までの前期分、9月から翌3月までの後期分に分け、前期分は前年度、9月以降は当年度の市町村民税額により決定します。(保育料の決定通知は4月中旬および9月中旬までにお送りします。)
  3. 日高市内居住の方であれば、公立(市外の公立を除く)・私立による保育料に差はありません。
  4. 保育料は、登所(園)日数にかかわらず、月の保育料がかかります。(日割り計算は行いません)
  5. 保育料は、毎月1日現在の入所状況により納めていただきます。退所される場合は当月15日まで(閉庁日の場合はその前の開庁日まで)に退所届を提出してください。
  6. 子どものための教育・保育給付支給認定による保育標準時間(1日当たり11時間まで)と保育短時間(1日当たり8時間まで)の2つの区分で保育料が異なります。
  7. 保護者の死亡、離婚、再婚、転居等により、保育料が変更になる場合があります。世帯の状況に変更が生じた場合は、異動(変更)届を提出してください。
  8. 保育料の口座振替(毎月末日。土曜日・日曜日・祝日の場合は翌営業日に引落し)にご協力ください。

保育料の詳しい内容については、保育料階層別区分表をご覧ください。

新制度における利用者負担額

幼稚園、認定こども園、地域型保育事業(小規模保育事業等)の利用者負担額は、利用者が市から子どものための教育・保育給付支給認定を受けて施設・事業所を利用するときに、その施設・事業者へ支払う保育料です。

新制度に移行しない幼稚園については、今までどおり各施設の保育料となります。

第3子以降の3歳未満児保育料が0円になります

 日高市では、少子化対策の一環として、第3子以降で、かつ、3歳未満児(0歳児から2歳児まで)の保育料を、平成27年4月分から全額県と市で負担します。

 国の保育所保育料制度では、保育所や幼稚園等に同時に入所(園)している児童のうち、年齢の高い順が2番目を半額、3番目以降を全額免除としていますが、日高市の取り組みは、兄弟姉妹が同時に入所(園)していなくても、第3子以降の3歳未満児であれば、保育料を0円にするものです。

(例)

兄(小5)、姉(小1)、対象子ども(1歳)→ 対象

姉(中2)、兄(小3)、兄(幼稚園年少)、対象子ども(0歳)→ 対象

兄(小4)、姉(保育園年長)、対象子ども(3歳)→ 対象外

入所申し込み

窓口

市役所子育て応援課保育担当(1階7番の窓口)

住所

日高市南平沢1020番地

電話

042-989-2111(内線1607) 

時間

午前8時30分から午後5時15分まで(毎週火曜日は午後7時まで)

休日

土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日まで)

入所申し込みに必要な書類

1.保育所(園)入所申込書・保育児童台帳
2.支給認定申請書
3.各種証明書(次のうちいずれかを提出してください)

入所申し込みに必要な書類一覧

就労

就労証明書(勤務先の証明印を受けたもの)

H30年度 就労証明書_標準様式(PDF:226.6KB)

H30就労証明書(裏面)(PDF:119.7KB)

H30就労証明書_記載例(PDF:335.2KB)

妊娠・出産 母子健康手帳(出産予定日記載部分)などのコピー
保護者の疾病・障がい 医師の診断書、身体障がい者手帳のコピー
同居親族の介護・看護 医師の診断書、身体障がい者手帳のコピー

災害復旧

り災証明書
求職活動

確約書(ワード:28.5KB)

確約書(PDF:71.2KB)

就学 在学証明書または学生証の写しなど、授業の時間割

4.口座振替依頼書(3枚複写)

5.転入誓約書(PDF:62.3KB)(3月末までに日高市に転入予定の方)

下記の金融機関がご利用になれます。

  • 埼玉りそな銀行 本・支店(「りそな銀行」はご利用になれません)
  • 武蔵野銀行 本・支店
  • 飯能信用金庫 本・支店・出張所
  • いるま野農業協同組合 本・支店

金融機関へ直接提出しないでください。

口座名義や通帳お届け印が違っているケースがよく見受けられます。名義人、お届け印などを事前によくご確認ください
(押印箇所は3か所です。複写の2枚目、3枚目も忘れず押印してください)

申請書等は子育て応援課保育担当にあります。

支給認定証の交付

入所申請時に提出いただく支給認定申請書に基づきまして、3つの認定区分に応じた認定書を交付します。

認定書の交付は保育所(園)入所承諾書または不承諾通知書と一緒に行う予定です。

手続きする上で、提出書類と交付書類が追加されるものであり、これまでと手続きから入所決定の流れはほとんど変わりません。

3つの認定区分

1号認定[教育標準時間認定]

児童が満3歳以上で教育を希望

利用先:幼稚園・認定こども園

2号認定[満3歳以上・保育認定]

児童が満3歳以上で上記「保育所(園)に入所できる条件」に該当し、保育所などの利用を希望

利用先:保育所・認定こども園

3号認定[満3歳未満・保育認定]

児童が満3歳未満で上記「保育所(園)に入所できる条件」に該当し、保育所などの利用を希望

利用先:保育所・認定こども園・地域型保育

この記事に関するお問い合わせ先

子育て応援課 保育担当 (本庁舎 1階)

郵便番号:350-1292 日高市大字南平沢1020番地
電話:042-989-2111(代表)
ファックス:042-989-2316

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年10月10日