保育所(園)保育料について

平成27年4月より、子ども・子育て支援新制度の施行にあわせて保育料が変わりました。

主に変わったところは下記のとおりです。

  • 子どものための教育・保育給付支給認定による保育標準時間(1日当たり11時間まで)と保育短時間(1日当たり8時間まで)の2つの区分で保育料が異なります。
  • 保育料算出の基となる税額が、所得税から市町村民税の所得割額に変更となります。
  • 9月に保育料の切り替えがあります。4月から8月までの前期分、9月から翌3月までの後期分に分け、前期分は平成26年度、9月以降は27年度の市町村民税額(8月以前は前年度分、9月以降は当年度分の市町村民税額)により決定します。

保育料の決定通知は4月中旬及び9月中旬にお送りします。

保育料の詳しい内容については、下記PDFをご覧ください。

新制度における利用者負担額

幼稚園、認定こども園、地域型保育事業(小規模保育事業等)の利用者負担額は、利用者が市から子どものための教育・保育給付支給認定を受けて施設・事業所を利用するときに、その施設・事業者へ支払う保育料です。

新制度に移行しない幼稚園については、今までどおり各施設の保育料となります。

子ども・子育て支援新制度については、下記リンクをご覧ください。

第3子以降の3歳未満児保育料が0円になります

 日高市では、少子化対策の一環として、第3子以降で、かつ、3歳未満児(0歳児から2歳児まで)の保育料を、平成27年4月分から全額県と市で負担します。

 国の保育所保育料制度では、保育所や幼稚園等に同時に入所(園)している児童のうち、年齢の高い順が2番目を半額、3番目以降を全額免除としていますが、日高市の取り組みは、兄弟姉妹が同時に入所(園)していなくても、第3子以降の3歳未満児であれば、保育料を0円にするものです。

(例)兄(小5)、姉(小1)、対象子ども(1歳)→対象

姉(中2)、兄(小3)、兄(幼稚園年少)、対象子ども(0歳)→対象

兄(小4)、姉(保育園年長)、対象子ども(3歳)→対象外

この記事に関するお問い合わせ先

子育て応援課 保育担当 (本庁舎 1階)

郵便番号:350-1292 日高市大字南平沢1020番地
電話:042-989-2111(代表)
ファックス:042-989-2316
お問い合わせフォームへ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年03月01日